夏用冷感敷きパッドの選び方とおすすめ人気ランキング7選【より良い睡眠のために】

enyライター1

enyライター1

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

敷布団やマットレスの上にかけて使用する敷パッド。寝ている間にかく汗を吸収してくれるのはもちろん、お肌に直接当たるものなので、好みに応じた触り心地を選ぶことでより快適に眠ることができます。

夏にはひんやりした触感の物、冬には暖かな触感の物と季節ごとに使い分けている方も多いと思いのではないでしょうか。

今回はそんな敷パッドの選び方と夏におすすめの人気商品をご紹介します。人気のニトリの物から天然素材の綿の物まで、様々な商品がありますのでぜひ参考にしてみてください。

敷きパッドの使い方、ベッドパッドとの違いは?

出典:rakuten.co.jp

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかきます。敷パッドもベッドパッドも、洗うことができないマットレスや布団の上に敷き、汗を吸い取ってくれるという面では同じ役割を果たします。では、敷パッドとベッドパッドの違いは何なのでしょうか。

まず、敷パッドはシーツの上にかけて使用します。肌に直接触れるので肌触りが良い物を選びましょう。夏には冷感素材、冬には保温効果のある素材等、季節に合わせて使い分けるとより快適に眠ることができます。

ベッドパッドはシーツの下に使用しますので、肌には直接触れません。厚みがあるものでは、寝心地を調整するために使用する場合もあります。

敷きパッドの選び方

ここでは敷パッドを選ぶ際のポイントをご紹介します。お持ちの布団やマットレスに合うサイズを選ぶことはもちろん、肌に直接触れる物なので素材も意識して選ぶことが大切です。暑くて寝苦しい夏におすすめの素材もご紹介します。

サイズで選ぶ

お使いの敷布団やマットレスにあったサイズを選ぶことが前提ですが、敷きパッドはシーツの上にかけて使用するものなので、若干のサイズの誤差があっても問題ありません。

また、サイズによってはご自宅の洗濯機で洗うことができるのかどうかも変わりますので、そちらについてもご紹介いたします。

シングル

出典:amazon.co.jp

シングルサイズの敷布団は100×210㎝、マットレスは98×195㎝です。洗濯機の洗濯容量が5㎏程度あれば、シングルサイズの敷パッドを洗濯することが可能です。

セミダブル

出典:amazon.co.jp

セミダブルサイズの敷布団は120×210㎝、マットレスは120×195㎝です。洗濯機の洗濯容量が7~8㎏程度あれば、セミダブルサイズの敷パッドを洗濯することが可能です。

ダブル

出典:amazon.co.jp

ダブルサイズの敷布団は140×210㎝、マットレスは140×195㎝です。洗濯機の洗濯容量が7~8㎏程度であれば、ダブルサイズの敷パッドを洗濯することが可能です。

ワイドダブル

出典:amazon.co.jp

ワイドダブルサイズの敷布団は150×210㎝、マットレスは150~155×195㎝です。ロングサイズの場合、丈は207㎝あります。洗濯機の洗濯容量が7~8㎏程度であれば、ワイドダブルサイズの敷パッドを洗濯することが可能です。

クイーン

出典:amazon.co.jp

クイーンサイズの敷布団は160×210㎝、マットレスは160×195㎝です。ロングサイズの場合丈は207㎝です。クイーンサイズの敷パッドを洗濯する場合、洗濯機の洗濯容量が8㎏以上必要です。

素材で選ぶ

肌に直接触れる物なので、素材は非常に重要です。寝汗をしっかり吸い取り、蒸れにくい素材を選びましょう。夏によく見かける敷パッドの素材は、綿・リネン・ナイロンやポリエステル等の合成繊維です。それぞれにどのような特徴があるのかご説明します。

綿

出典:amazon.co.jp

綿は吸水性が高いため、寝ている間の汗をしっかり吸収してくれます。また、通気性もよいため熱気がこもりにくいのも特徴です。肌触りも柔らかく、オールシーズン使用できることも魅力です。また、綿100%であれば、肌の弱い方にもおすすめです。

リネン

出典:amazon.co.jp

吸湿・発散に優れており、さらっとした触り心地で蒸れにくく、汗をよくかく夏におすすめの素材です。リネンは硬いイメージがあるかもしれませんが、洗うほどに柔らかくなります。温度調節をしてくれるので夏だけでなく、冬場もお使いいただけます。ポリエステルの物に比べるとやや縮みやすいのが難点です。

合成繊維

出典:amazon.co.jp

ナイロンやポリエステル等の合成繊維は、天然素材の物に比べると肌触りが劣りますが、安い価格で購入することができます。また、ダニ対策や衛生面の対策をされている商品が多いのが合成繊維でもあります。

また、洗濯した際に乾きが早いのも特徴。丈夫なので頻繁に洗濯をしたい方におすすめです。ただ、毛玉ができやすいため、洗濯の際は洗濯ネットを使用してください。

抗菌・防臭加工、洗濯できるか確認

出典:amazon.co.jp

敷パッドは直接肌に触れるものなので、汗をかくと直接敷パッドが吸収するため汚れやすく、汗や皮脂で臭いが発生します。夏場は特に汗をかくため、抗菌・防臭加工のパッドを選ぶことにより、安心して使うことができます

また、清潔に保つために干すだけでなく、洗える物が良いでしょう。洗濯機で洗えるかどうかも確認しておきたいポイントです。

Q-MAX接触冷感値に注目

出典:amazon.co.jp

「Q-MAX接触冷感値」は聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。この値は素材に肌が接した際にどのように感じるかを数値で表した値で、数値が高いほど冷たいと感じます。この数値が0.2以上の物が「冷たい」とされています。0.4以上でかなり冷たさを感じる人が多くなります。ぜひこちらの数値を参考にしてみてください。

しかし、数値が高ければ良いというわけではなく、通気性も重視して選ぶ必要があります。肌が素材に接触した時にはひやっと感じますが、だんだんと冷たさは感じなくなります。吸湿性のない素材は、汗をかいた時に吸収することができず蒸れてしまい、不快で寝苦しくなってしまうことも。

冷感素材は冷気に当たると冷えるため、冷感敷きパッドを使用しない時より冷房の設定温度を高く設定しても快適に眠ることができます。

夏用冷感敷パッドのおすすめ人気ランキング7選

ここからは夏用の敷きパッドのおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。さまざまなメーカーの商品をピックアップしていますので、ぜひ商品選びの参考にしてみてくださいね。

1位 mofua cool 夏用 敷きパッド

詳細情報
サイズ(約) : 100×200cm
素材 : 表地:ナイロン100%、 裏地:ポリエステル100%
仕様 : Q-MAX0.386・洗濯機可能

立体メッシュ構造で蒸れにくい

肌に触れる面はQMAX0.386の接触冷感素材、裏面は立体メッシュ構造になっているので寝ている間の汗を逃してくれます。接触冷感素材も通気性も気になる方におすすめです。

洗った後乾きやすいので、こまめに洗濯したい夏にぴったりです。寝ている間に汗をかいても衛生的に使うことができるので安心です。

2位 スピードクーラー ひんやりシート cool-l

詳細情報
サイズ : 90×140㎝
素材 : ポリ塩化ビニール・硫酸ナトリウム・塩化カルシウム6水和物
仕様 : Q-MAX0.58・ジェルのため洗濯不可

とにかくひんやり感がほしい方に

こちらはジェルタイプの敷パッドです。使用から2分で体感温度が7℃下がり、Q-MAX値は0.58と業界最高クラスで、とにかくひんやり感が欲しい方におすすめ。

従来のジェルタイプの敷パッドに比べ寝心地も耐久性もUPした商品で、抗菌防臭効果もあるため快適にお使いいただけます。直接肌に触れる生地は低ホルムアルデヒド(合格基準の1/10)なのでお子様も安心して使うことができますよ。

涼しめカラーにかわいい柄付きの物もあり、見た目の良さも特徴です。サイズ展開が豊富なので90×90㎝で体の一部で冷たさを感じたり、90×180㎝で全身で冷たさを感じたりと好みに合わせて購入することができます。サイズは他に75×140㎝と90×140㎝があります。

3位 ニトリ Nクールスーパー 敷パッド

詳細情報
サイズ(約) : 100×200㎝
素材 : 表生地:ナイロン62%・ポリエチレン21%・レーヨン17%
   充填:上層部 ポリエステル65%・合成繊維(アクリレート系)35%
     下層部 ポリエステル100%
裏生地:ポリエステル100%
仕様 : 洗濯機可能・抗菌防臭(表生地)・消臭加工(中わた)

ニトリの大人気商品

ニトリのNクールはご存じの方も多いのではないでしょうか。こちらはNクールをより冷たくしたNクールスーパーです。冷感素材は湿気がこもるのがマイナス点なのですが、こちらは湿気を吸収してくれるので、快適に使える物をお探しの方におすすめです。

表面は夏にぴったりな強冷感生地、裏は春秋に使える通気性の良いメッシュ生地で春夏秋と3シーズン使うことができるリバーシブルの敷パッドです。

抗菌・防臭・消臭機能があり、洗濯も可能なので清潔に保つことができます。Q-MAX値は公表されておりませんが、毎年大人気の定番商品なので機能面では安心して購入することができます。

4位 ひんやり敷パッド

出典:amazon.co.jp
詳細情報
サイズ(約) : 100×200㎝
素材 : 表地(接触冷感):ナイロン75%・ポリエステル25%
   裏地(タオル):ポリエステル80%/・綿20%
仕様 : 洗濯機可能・中綿は抗菌防臭防ダニ

防ダニの中綿でダニアレルギーの方も安心

抗菌防臭と防ダニ効果のある中綿を使用しているためダニアレルギーの方でも安心して使うことができます。また、洗濯機で丸洗いが可能で、洗濯後は天気の良い日は30分程度で乾く速乾タイプのため、頻繁に洗濯をしたい夏場にぴったりです。

表地はさらっとした触り心地の冷感素材なので真夏に使用、裏地はポリエステル80%綿20%のタオル地で春秋に使用と長く使うことができます。裏面のタオル地は通気構造なので、汗をかいてもさらさらをキープするように作られています。

5位 冷感 リバーシブル 敷きパッド A718

詳細情報
サイズ(約) : 100×200㎝
素材 : 表:ナイロン75%・ポリエステル25%
   裏:ポリエステル100%
   中綿:ポリエステル100%
仕様 : 洗濯機使用可能・抗菌防臭防ダニ

冷感敷パッドを試してみたい方におすすめ

中綿は帝人の防ダニ機能のある抗菌防臭綿を使用した高コスパの敷きパッドです。ひんやり感は、既に冷感敷きパッドを使用している方には物足りなく感じるかもしれません。

側生地はリバーシブルで、表面は接触冷感でさらっとした触り心地で真夏に向いています。春秋に使える裏面は汗をかいてもべたつきにくいワッフル素材です。洗濯機で丸洗いでき、乾くのが早いのでこまめに洗うことができて衛生的です。

6位 西川リビング 敷パッド 綿100%

詳細情報
サイズ(約) : 100×205cm
素材 : 表生地:綿100% 
   裏生地:綿100% 
詰め物:綿96%・他繊維4% 
仕様 : 洗濯機可

綿100%の心地よさ

敷きパッドは中綿がポリエステルの物が多い中、こちらは側生地は綿100%で中綿は94%以上が綿素材です。ポリエステルは乾くのが早いですが、蒸れやすいというマイナス点があり、睡眠時は不快に感じられます。綿は吸湿力がポリエステルの21倍もあるため、汗をかく夏場でも蒸れずに快適に眠ることができます。

肌に直接触れる側生地は裏表ともに綿100%で肌触りも良く、小さなお子様がいるご家庭でも安心して使うことができます。冷感素材ではありませんが、綿100%なので蒸れ感のない、自然な優しい涼しさを感じることができます。

洗濯機で丸洗いが可能で、生地と縫製が丈夫なので頻繁に洗濯したい方でも長く使うことができるのでおすすめです。幅が細かいキルトで洗濯しても中綿が偏らない工夫がされています。

7位 東京西川 クール敷きパッド

出典:amazon.co.jp
詳細情報
サイズ(約) : 100×205cm
素材 : 表生地:ナイロン50%ポリエステル50%・裏生地:ポリエステル100%・詰め物:ポリエステル100%
仕様 : 洗濯機可

蒸れにくい冷感敷きパッド

冷感敷きパッドは蒸れる感じがして苦手という方に試していただきたい敷パッドです。通気性の良いメッシュ生地を詰め物の代わりに使用し、裏生地もメッシュなので通気性抜群です。べたつかず、さらっとした触り心地なので心地よく眠ることができます。

洗濯機で洗うことができ、天気の良い日は約30分ほどで乾くため、こまめに洗濯することができます。睡眠時に使用する物なので、洗濯のしやすさはとても重要です。

まとめ

敷パッドを使用することで、布団やマットレスを寝汗から守り、衛生的に保つことができます。また、直接肌に触れるため、触り心地が良い素材を選ぶことでより快適に眠ることができますよ。リバーシブルの商品も多く、夏場はひんやり素材、冬場はあったか素材と使い分けることも可能です。

今回は夏用の敷パッドの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。ひんやり感じる冷感素材や汗をしっかり吸収してくれる素材を選ぶことで、夏の睡眠をサポートしてくれますよ。この記事を参考に敷きパッドを取り入れてみてはいかがでしょうか?

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
enyライター1

enyライター1