オイスターソースのおすすめ人気ランキング9選【いつもの料理に一工夫】

eny編集部

eny編集部

あなたの「欲しい」を一緒に探し、最適なものをご提案して背中を押すことができたら…。そんな気持ちで心を込めて記事を公開しています。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

オイスターソースは主に中国の広東省で主に使用される調味料で、牡蠣を原材料としており、その他砂糖や調味料を加えて作られ、独特の香りや味がするのが特徴になります。

そのため、日常的に使用される調味料とは言えません。使い方はもちろん、選び方が分からない方も多いと思います。しかしうまく使うことができるようになれば勝利の幅もぐんと広がります。

今回は、料理好きな方のためにオイスターソースの選び方と使い方、おすすめの商品を紹介したいと思います。

オイスターソースの選び方

使い方が分からなければ、当然選び方も分からないと思います。特にオイスターソースはメジャーな調味料とは言えないため、選び方が分からない方が多いでしょう。

そのような方のためにここでは、そんなオイスターソースの選び方を紹介します。実際に購入する場合は参考にしてみてください。

容量から選ぶ

オイスターソースを大量に使いたい方や少量で良い方など、使用量によって容量を決めるのもありです。また、定期的に購入するのが面倒な方には大容量のものを、安く購入したい方は少量のものという感じで考えると良いでしょう。

使い方に合わせて使い切れる容量で

使いきれるかどうかが分からなかったり使用量が少ない方は、使いきれる量の小型タイプのものをおすすめします。オイスターソースは時間と共に劣化していきます。大容量のものを購入しても、駄目にしてしまっては意味がありませんよね。

また、小型タイプは値段が低いため、節約したい方にも小型タイプのものをおすすめします。

逆に消費が激しい方には大型タイプのものがおすすめです。いちいち小型のものを毎回買っていたら手間がかかりますからね。料理の回数が多い方や大家族の方が当てはまるでしょう。

自分が使えるであろう容量のものを購入してください。

初めて使うなら少ない容量からお試しで

初めてオイスターソースを使う場合、まずはお試しとして少量のものを購入すると良いでしょう。オイスターソースは独特な香りと味がするため、どうしても苦手な方がいます。一度使用してみて大丈夫であれば今度は容量の多いものへ切り替えてみましょう。

自分の好みの粘り気のソースを選ぶ

オイスターソースは粘り気が少なく、ウスターソースのような粘度はありません。

さらっとしているため、あっさりとした料理に使用すると良いのですが、中にはどろっとしたものも存在します。どろっとしたものは通常のソース同様に揚げ物やお好み焼きといった使い道が考えられます。

粘度にこだわりがなければ、料理で使い分けるのもありでしょう。炒め物やスープ系にはさらっとしたものを、カツやステーキなどの肉・魚のステーキなどにはどろっとしたものという感じですね。どんなメニューを作るかで、購入するオイスターソースを決めてみてください。

好みの味を選ぶ

オイスターソースの味は基本的には牡蠣・醤油や砂糖の味などがします。しかし、メーカーによって味の違いがあるため、一概にそういう味だとは決めることができません。これに関しては実際に味わってみなければ分かりませんね。

購入する際に一番人気のオイスターソースを聞くのが確実だと思います。一番売れている商品を購入すれば失敗する確率が減るでしょう。また、通販で売れているものを確認する手段もあります。

成分表をチェックして選ぶ

オイスターソースを選ぶ際に一番気になることはやはり成分だと思います。食品なので、含まれている栄養素や添加物はきちんと把握しておきたいですよね。購入するときは、成分表をチェックするようにしましょう。

化学調味料無添加だとカキの味が濃厚

オイスターソースには化学調味料が使われているものもあります。具体的にはアミノ酸や粘度をあげる増粘剤などがそれに当てはまるでしょう。これらの添加物がオイスターソース本来の牡蠣の味や風味を邪魔してしまうのです。

これらの添加物が含まれていないものは純粋なオイスターソースと言えるでしょう。牡蠣本来の味や風味がするため、本格的な料理を作りたいという方におすすめします。ただし、これらのソースは高額になりがちなので、そこは注意してください。

みりんや紹興酒でまろやかな味わいに

オイスターソースの味は独特で、苦手な方が多いです。みりんや紹興酒を混ぜることで、この味をマイルドにしてくれます。初めてオイスターソースを使用する方は、この方法を試してみてはいかがでしょうか?

また、肉料理などにもこの手法が使われることが多いです。例えば、ステーキのソースや生姜焼き・炒め物などが多いですね。通常のソースとはまた違った味わいがあり、やみつきになるかもしれません。

その他お酒や醤油・お酢などを混ぜてみても良いでしょう。特にお酢を追加することでさっぱりさが増すため、焼き魚などに使用してみましょう。

オイスターソースのおすすめ人気ランキング9選

ここでは、おすすめのオイスターソースをランキング形式で紹介します。実際に購入するときの参考にしてみてください。

9位 李錦記 オイスターソース チューブ 95g

詳細情報
内容量 95g

こちらの商品はチューブタイプです。チューブであるメリットは押すだけで中身が出るため、瓶タイプよりも手軽に扱うことができます。こぼす心配が無いのもメリットです。落下にも強いですね。

内蔵量が少し少なめなのがデメリットでしょうか。また、残量が確認しにくいといった弱点もあります。使う量はきちんと決めておくと良いでしょう。

8位 ナンマンホイ オイスターソース ショイス 360g

詳細情報
内容量 360g

タイで生産されたオイスターソースです。ナンマイホイとは、タイ語でオイスターソースと言う意味です。このように、オイスターソースは東南アジアでも使用されています。

瓶タイプのオイスターソースであり、内蔵量が多いことがメリットです。残量が確認しやすいのもポイントになります。よくオイスターソースを使用する方には使いやすい商品でしょう。

7位 富士 オイスターソース 2.2Kg

富士 オイスターソース
出典:amazon.co.jp
詳細情報
内容量 2.2kg

牡蠣の旨味を十分に引き出しており、出汁の濃厚な香りと風味が特徴です。さらに、日本人に合うように味が調整されていることもポイント。私たちに合わせてくれているのはとてもありがたいです。

2.2kgも内蔵されているため、消費が激しい大家族の方などにおすすめします。ただし、使い切れずに放置しておくと品質が落ちてしまいます。初めて使う方よりも、オイスターソースを使い慣れている方におすすめですね。

6位 李錦記特製オイスター

詳細情報
内容量 255g

通常のオイスターソースよりも、牡蠣の旨味・香り・風味が強いことが特徴です。伝統的な製法で製造されているため、品質が保証されているのもポイントでしょう。通常よりも良い品質のものが欲しい方にはぴったりですね。

チャーハンや炒め物・焼きそばなどにも使用できますが、煮物の隠し味としても活躍します。特に汁物であれば混ぜるのも容易であるため、味や風味にアクセントをつけるのにはもってこいですね。和洋中問わず使用できるのもメリットになります。

5位 李錦記 オイスターソース

詳細情報
内容量 255g

新鮮な牡蠣のエキスを大量に使用しています。そのため、牡蠣の深いコクと濃厚な風味が特徴です。伝統的な製法で製造されているのもポイントで、品質が保証されています。

6位のオイスターソースに比べて味や風味が落ちてしまいますが、その分値段が下がって購入しやすくなっているのがメリット。品質も確保されているため、コストパフォーマンスを求める方や初めて購入する方などにおすすめです。

4位 ユウキ オイスターソース 国産カキ使用 585g

詳細情報
内容量 585g

5位のオイスターソースと同じような工程で製造されます。違う点は使用する牡蠣が全て国産のものである点です。海外産の原材料の品質が不安だと感じる方には嬉しい商品だと思います。

量も5位のものと変わらず多めであり、大量に使用する方におすすめします。大家族の方やお祭りの出し物などですね。焼きそばや炒め物を作るときに使用してみてください。

コストパフォーマンスだけでなく、原材料の品質が気になるという方におすすめします。

3位 気仙沼 完熟牡蠣のオイスターソース

詳細情報
内容量 160g

宮城県の気仙沼産の牡蠣を100%使用したオイスターソースです。川から流れてくる森のプランクトンで育った牡蠣の出汁は、海のミルクと呼ばれるほどの濃厚さだそうです。それがこの商品の人気の秘訣だと思います。

水揚げした牡蠣をその日のうちに剥いて冷凍し、天然調味料などを加えて完成させます。牡蠣をそのまま使用するため、風味やコク・栄養素などがほぼ100%逃げないのがポイント。市販のものでは味わえません。

その分値段が高めで購入できる期間が限られてしまうのがデメリット。3~5下旬くらいまでが購入チャンスなので、興味がある方はその時期に早めに購入するようにしてください。特産品のオイスターソースが欲しい方などにおすすめします。

2位 光食品 オイスターソース

詳細情報
内容量 115g

広島産の牡蠣を使用し、国産の醤油と砂糖で味付けを行なっています。牡蠣のエキスの抽出には添加物は一切入っておらず、自己消化酵素のみを使用しているのが特徴です。その他調味料も国産のものを使用しており、添加物は使用していません。

このように、使用する方の身体の健康を考えてあることが人気の理由です。添加物が気になる方は多く、とても良い仕様ではないでしょうか。お子さんを持つ家庭でも使用できるのは良ポイント。

もちろん様々な料理に使用することができます。香り付けや隠し味など、和洋中を問わずに使用可能です。他の調味料と組み合わせてより美味しい料理を作るのもありでしょう。添加物などが気になる方におすすめします。

1位 ユウキ 化学調味料無添加オイスターソース 220g

詳細情報
内容量 220g

広島県産の牡蠣のみを使用しており、濃縮したエキスを使用しています。そのため、濃厚な味と風味が強いのが特徴です。コクもあるため、煮物などにも使用できます。

人気の秘訣は化学調味料や添加物を使用していないことです。こういった添加物は身体に悪影響を及ぼす可能性があります。それらが使用されていないことで、安心して料理に使うことができるのは良ポイント。お子さんがいる家庭におすすめです。

また、量がそこそこ多いのも人気の秘密でしょうか。大容量とは言えませんが、通常100~150gくらいのものが多く、それらに比べれば多く使用することができます。健康的でコストパフォーマンスに優れているため、どのような方にもおすすめできます。

オイスターソースの上手な使い方

オイスターソースを使用する料理は中華料理だけではありません。様々な国で使用されており、独自のレシピが存在します。ここではその例を挙げます。参考にどうぞ。

広東料理だけでなくタイ料理にも

先ほど述べたガパオライスや様々な炒め物・スープ料理に使用されることが多いです。これらの料理は新鮮な素材を使用したものが多く、家庭料理として愛されています。

タイで使用されるオイスターソースには「ナンプラー」と呼ばれるものが混ぜ込まれています。ナンプラーとは、生の魚を塩と一緒に漬けて発酵させたものです。魚の旨味と塩辛さが特徴になります。

これらが加わることで、また一味違った味のオイスターソースが完成するのです。同じ調味料でも、国によって味付けや風味が違うのは面白いですね。

日頃の炒め物料理にも

炒め物に使用することで、牡蠣の風味を追加することができます。日本では、焼きそばの野菜炒めなどに使用されることがあり、独特な味わいを追加できます。普段使用していない方は、オイスターソースを使用してみてはいかがでしょうか?

ただし、オイスターソースは癖が強いため、最初のうちは少量にしたり他の調味料と混ぜて使用した方が無難でしょう。

まとめ

普段あまり使用しないオイスターソースですが、炒め物や煮物などにも使用されていることがわかりました。癖が強いため最初のうちは慣れないかもしれませんが、隠し味として役立つこと間違いなしです。

また、使い方に合わせて量やメーカーによって異なる味わいを考えて商品を決めたり、添加物の有無を考えたりして選ぶことも大切です。

この記事を読んで、選び方や使用方法などを知った上で、もしオイスターソースが気になったらという方はご紹介した選び方をもとにぜひ自分の好みに合う商品を探してみてください。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
eny編集部

eny編集部

あなたの「欲しい」を一緒に探し、最適なものをご提案して背中を押すことができたら…。そんな気持ちで心を込めて記事を公開しています。