ウイスキーのおすすめ人気ランキング10選【ハイボールやカクテルにも!】

eny編集部

eny編集部

あなたの「欲しい」を一緒に探し、最適なものをご提案して背中を押すことができたら…。そんな気持ちで心を込めて記事を公開しています。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

深い味わいとコクをゆっくり味わえるようなお酒が飲みたいときはありませんか?そんなときにはウイスキーを飲むことがおすすめです。ウイスキーには様々な飲み方がありますが、炭酸水やソーダで割ったハイボールやカクテルにするのも良いですね。

しかし一言にウイスキーといってもどのような味があるのか、どのような選び方をすれば良いのかが分からない方もいらっしゃると思います。確かにお店に行っても様々な種類の商品があって選びづらいということもよくあるでしょう。

そこで今回はそんな方のためにウイスキーの選び方とおすすめの商品を紹介したいと思います。ここで様々な商品や選び方に触れて、今後ウイスキーを選ぶ際の参考にしてみてください。

ウイスキーの選び方

まずはウイスキーとはどのように選んでいけば良いのか分からないという方のためにウイスキーの選び方を様々な視点で紹介します。実際に購入する際の参考にしてみてください。

熟成年数で選ぶ

ウイスキーは商品によって熟成年数が違いますが、そのような年数によって味わいも様々です。そのためご自身の飲み方に合わせて熟成年数を選びましょう。

熟成年数の長さで味わいがまろやかになったり、短さによってウイスキーの強い味わいを楽しむことができたりと様々な楽しみ方をすることができます。そのためご自身の好みに合わせた味わいの熟成年数で選びましょう。

飲み方や飲むタイミングで選ぶ

食事をするときや一人でお酒に浸りたい時など様々なシーンがありますが、そのようなシーンに合わせた飲み方でハイボールに合うウイスキーを選んでいただくことも可能です。

食事の時に飲むなら軽やかな味わい

食前酒または食事中にウイスキーを楽しみたいという方はカナディアンウイスキーやジャパニーズウイスキーがおすすめです。この2種類のウイスキーはハイボールにする前よりクセが強くないため、様々な料理に合わせて飲んでいただくことが可能になります。

食事が和食の場合は日本製のジャパニーズウイスキーをおすすめします。ジャパニーズウイスキーは日本食との相性を考えて生産されているため、食事でも問題なく飲むことができます。特に冷奴や唐揚げ・煮魚などのおつまみ系との相性は抜群です。

ハイボールにして飲むなら苦味や香りが強い若めのものを選ぶ

ハイボールに合うウイスキーを選ぶ際にはストレートでは少しきついと感じるようなウイスキーを選んでも良いでしょう。ストレートできつくても、ハイボールにすると元よりあったクセも少なくなり、飲みやすいものになります。

きついと感じるウイスキーは若めのウイスキーがおすすめでしょう。年代物と比較するとやはり価格も安く、手の出しやすい価格のものが多くなっています。どのハイボールにしようか迷った際には若めのウイスキーを試してみてはいかがでしょう。

価格で選ぶ

ウイスキーの価格帯は様々であり、手軽に購入できるものから高級なものまであります。ハイボールにするのでも美味しいウイスキーを購入したいと思う方もいらっしゃると思いますが、価格をしっかりとみて手の届く範囲で選びたいですよね。

手の届く範囲であればハイボールやカクテルにする際におすすめのウイスキーが多くなります。クセが強いものなので割って飲むことが主体になっていますが、安くても美味しくウイスキーを楽しむことができるので無理して高い商品を購入する必要はないでしょう。

度数で選ぶ

ウイスキーの度数は平均40度ほどのため普段飲むことの多いチューハイやビールよりも度数が高くなっています。

そのため急に度数の高いものに挑戦してしまうと、いつもと違う味わいが嫌になってしまいウイスキーを全く楽しめないということもあるでしょう。

そのようになってしまわぬようにウイスキーを購入する際には度数を考慮して商品を選定することがおすすめです。

より楽しむなら後味にも注目!

ウイスキーにも様々な後味があります。フルーティな味わいやミントの味わいなど特徴的なものがたくさんあります。そのような後味に合わせて商品を選ぶことも良いでしょう。

しかしそんな後味が苦手という方は意外と多いようです。そのような方には癖が少ないアイリッシュウイスキーがおすすめなので一度試してみるのはいかがでしょうか?

ウイスキーのおすすめ人気ランキング10選

ウイスキーにも様々な種類があることはお分りいただけましたでしょうか?選び方を知ることでどのような商品があり、人気はどのようになっているのかが気になってきたという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方のために、ここからはおすすめのウイスキーをランキング形式で紹介します。ぜひ実際に購入する際の参考にしてみてください。

10位 イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル

詳細情報
内容量 700ml
原産国  日本
アルコール度数 46%

日本や海外の9箇所の蒸留所で熟成された原酒と、2箇所の蒸留所で製造されたグレーンウイスキーをブレンドすることで生産されるウイスキーです。柑橘系の香りやコクのある味などが特徴になります。

コクを生み出すために、あえて水を加えているそうです。また、複数のブレンドされたお酒の味なども美味しさの秘密になります。

9位 ジョニーウォーカー ブラックラベル

詳細情報
内容量 700ml
原産国名 イギリス
アルコール度数 40 %

12年間も熟成されているのが特徴のスコッチウイスキーです。そのため、しっかりとした甘みとなめらかなスモーキーさが特徴になります。スコットランドから30種類以上もの原酒をブレンドしており、それらも味や風味を醸し出す手助けをしています。

ウイスキーの専門家からも評価されているため、品質が保証されているのもポイント。味の間違いはほぼ無いと言っても過言ではないでしょう。

8位 ザ・マッカラン シェリーオーク 12年

詳細情報
内容量 700ml
原産国名 イギリス
アルコール度数 40 %


スコッチウイスキーの一種で、バニラやジンジャー・ドライフルーツといったフルーティーな香りが特徴です。スパイスの後味が長く続くため、初心者の方は少しきついかもしれません。しかし、慣れてしまえば後味も楽しめるため、少しずつ慣らすのもありかもしれません。

日本に最も輸入されているウイスキーの一種であるらしく、日本人に合った美味しいウイスキーです。果実の香りと風味のバランスが良いのでしょう。

7位 サントリー ウイスキー 知多

詳細情報
内容量 700 ml
原産国名 日本
アルコール度数 43 %

こちらの商品はとうもろこしを原料にしており、その他数種類のタイプのウイスキーをブレンドして製造されています。これによって、甘さ・なめらかさとキレ味の良さが両立しているのもポイント。

ロックやソーダ割りをメーカーは推奨しています。また、様々な日本食と一緒に飲むことも考慮されているため、食事の際にでも美味しく飲むことができるでしょう。

6位 宝 キング ウイスキー 凛

詳細情報
内容量 720ml
原産国 日本
アルコール度数 37度

スッキリとした後味が特徴で、ウイスキーの後味が苦手という方にもおすすめできます。癖も無く、原酒を厳選しているためかなり飲みやすいのでは無いかと思います。

値段がとても安く、720mlの容量を700~800円で購入することができます。初めてのウイスキーを気軽に購入したり、カクテルの材料に使用したりすると良いでしょう。2.7Lや4.0Lサイズも販売しているため、大量に消費する方にもお得です。

5位 キリン ウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50度

詳細情報
液体容量 700ml
原産国 日本
アルコール度数 50 %

アルコール濃度が50%と高く、度数を下げない特殊な製法で生産されています。そのため、酔いたい方におすすめのウイスキーと言えるでしょう。高アルコールが苦手な方は、ロック割りなどで楽しむと良いでしょう。

樽で熟成されているため、豊かな香りと深い味わいが特徴的です。それらの旨味を逃さないために、冷却ろ過を行っていないそうです。高濃度のアルコールが旨味を逃さない仕組みになっています。コストパフォーマンスを求める方におすすめします。

4位 バランタイン 17年

詳細情報
内容量 750ml
原産国名 イギリス
アルコール度数 40 %

スコットランドの原酒が40種類以上ブレンドされており、さらに17年間熟成されています。これによって、40種類もの原酒の香りや味・コクを強め、より濃厚なウイスキーへと変貌しているそうです。

バニラや樽のバランスの良い香りやクリーミーな舌触りが特徴であり、甘み以外にもスモーキーさを感じられる複雑で力強いウイスキーです。後味は長めに続くため、苦手な方は少しキツいかもしれません。

3位 サントリー ウイスキー 角瓶

詳細情報
内容量 700ml
原産国名 日本
アルコール度数 40 %

角瓶のボトルは日本風にデザインされており、生活に溶け込みやすくなっています。ボトルのデザインは意外に気にする方は多いため、良デザインなのはメリットと言えます。

肝心の味は厚みのあるコクや甘い香り・ドライな後味が特徴です。独特な苦味などが無いため、初めての方でも飲みやすいと思います。

メーカーは揚げ物との相性が抜群と紹介しており、唐揚げの旨味とスッキリした味わいがマッチしています。炭酸と割ってハイボールにするとなお良いかもしれません。コストパフォーマンスを求める方や、食事と一緒に楽しみたい方などにおすすめします。

2位 山崎 シングルモルト 12年

詳細情報
内容量 700ml
原産国 日本
アルコール度数 43ml

ホワイトオーク樽で12年熟成されたこのウイスキーは、甘いバニラと熟した果実の香りが特徴で、飲み飽きることがありません。味は甘くなめらかで飲みやすく独特の後味が無いため、初めての方でも飲みやすいと思います。

ミズナラ樽貯蔵モルトをはじめとした複数の原酒を使用しており、それらが複雑にブレンドし熟成されることで味と香りが引き立ちます。そのため、とても貴重で値段も相応に高額になってしまうのがデメリットです。

とても質の高いウイスキーであるため、ストレートで飲んでも美味しく飲むことができます。アルコール度数は43%と平均的ですが、お酒に弱い方にはロック割りや炭酸水でハイボールにするのも良いですね。

1位 ブラックニッカ クリア

詳細情報
内容量 700ml
原産国名 日本
アルコール度数 37 %

ノンピート・モルトと呼ばれるピートを使用しないで乾燥させた大麦麦芽を原材料に使用しています。そのため、ピート特有の後味や香りが無く、初めての方でも飲みやすくなっているのがポイント。

程よい甘みと香りがするグレーンウイスキーとブレンドすることで、クセが無く、より飲みやすさが確保されています。スッキリさを生かしたハイボールやカクテルなどはいかがでしょうか?

柑橘系のカクテルや、コーラやジンジャーエールといった炭酸飲料とブレンドすることで、シンプルな味と香りを引き立たせることが可能です。どんな飲み方をしても美味しく飲めて購入もしやすいこのウイスキーは、初めてウイスキーを購入する方におすすめでしょう。

ハイボールを作るときのポイント

ここでは、ウイスキーを使ったハイボールの作り方を紹介します。初めて作るという方など、参考にしてみてください。

グラスやソーダは事前に冷やしておく

冷えたハイボールを飲みたいと思う方も多いとは思いますが、その場合に氷を使用して冷やすことはあまりおすすめできません。氷を入れてしまうと、氷が溶けていく際にウイスキーの味や香りが薄まってしまうためです。

もしハイボールを飲む際に冷たさと味・香りを両立したい場合は冷蔵庫に入れるなどして事前にグラスやソーダを冷やしておくことをおすすめします。

かき混ぜすぎないように注意

ハイボールを作る際にかき混ぜるかと思いますが、その時にはあまりたくさんかき混ぜないようにしましょう。

混ぜすぎることで、せっかくの炭酸が抜けてしまいます。炭酸による爽快感を味わいたいのに炭酸が抜けてしまっては意味がありません。混ぜる時は少しだけかき混ぜるように注意しながら作りましょう。

ハイボール以外の楽しみ方も

ウイスキーはハイボール以外にも、様々な飲み方をすることもできます。例えば、常温の天然水を混ぜた「トワイスアップ」やお湯で割った「ホットウイスキー」などです。

また、カクテルの材料としても使用できます。スイート・ベルモットとアロマチック・ビターズを混ぜた「マンハッタン」やライムジュースとグレナデンシロップを混ぜた「ニューヨーク」などです。

その他にも様々な飲み方ができるため、自分好みの飲み方を探してみてください。

まとめ

ウイスキーは飲めば飲むほど味や香りへの理解度が増し、より美味しく飲むことができます。まずは飲む回数を増やしてみてください。

その中でストレートやロック、ハイボールなどで自分の好きな楽しみ方を模索し楽しむことができます。また、カクテルで使用しても良いでしょう。

自分に合った飲み方を探してウイスキーを楽しんでいきましょう。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
eny編集部

eny編集部

あなたの「欲しい」を一緒に探し、最適なものをご提案して背中を押すことができたら…。そんな気持ちで心を込めて記事を公開しています。