植物育成用LEDライトのおすすめ人気ランキング10選【室内での園芸や水耕栽培に】

enyライター26

enyライター26

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

植物育成用LEDライトは太陽光の役目をしてくれるため、室内の密閉された環境での植物育成が可能です。植物栽培工場や水耕栽培工場、植物農園等で主に使用されており、日照不足解消や植物成長促進用に重宝されています。

家庭用の植物育成用LEDライトも発売されており、おしゃれなデザインのものから機能・性能に優れた商品まで種類は豊富です。この記事では、植物育成用LEDライトの選び方とおすすめの人気商品10選をランキング形式でご紹介します

この記事でおすすめする商品

植物育成用LEDライトとは

出典:amazon.co.jp

植物育成用LEDライトとは、太陽光に変わる性質を持った植物の育成に必要な光を配給できるとても便利なアイテムです。観葉植物や野菜、水草など太陽の光を必要とする植物全般に使用できます。

植物の成長に必要なLEDライトの色は可視光線である赤色と青色の2色です。これらの色の光を浴びせ続けることで、光合成と植物の成長を促します。また、野菜の栽培については室内で育てられるため、害虫を気にすることなく無農薬で育てられるうえ、野菜の栄養価や糖度が上がる効果もあります。


植物育成用LEDライトの選び方

ここからは植物育成用LEDライトの選び方を、「用途」「形状」「機能」にわけて説明していきます。

用途で選ぶ

「何を」「どこで」「どのくらい」育てるかによって、要求される光の種類やパワーやサイズは異なります。まずはご自分の目的や栽培の場所をしっかり把握して、最適な商品を選ぶようにしましょう。

野菜や植物などの育成に

出典:amazon.co.jp

野菜や植物などの育成には、大きめの植物育成用LEDライトがおすすめ。植物の育成には、必要な光をまんべんなく当てることが大切です。

また、LEDライトは1000ルクス以上ではないと光量が足りず、植物や野菜の育成に時間がかかってしまいます。野菜や植物の成長段階によってLEDの色を変えて当てることができる便利な機能をもった商品を選ぶと元気に育ってくれますよ。

室内の観葉植物育成に

出典:amazon.co.jp

植物育成用LEDは一見白い普通の光のように見えて、赤・青・緑の光をまぜて白色にしたLEDも販売されています。普通に照明としても使用できるため、照明として使用していないときは、植物用に使用するなど使い勝手も良いです。

また、観葉植物用に見た目にもおしゃれな植物育成用LEDも販売されていますので、お部屋の雰囲気を壊さず、植物を育てることができます。

形状で選ぶ

設置する場所や育てる植物の種類や量によって、クリップ型の小型ライトから吊り下げて使う大きなライトなど、選び方に気をつける必要があります。ここではクリップで留められてUSB給電ができる小さめのものと、大きめのフラットタイプのライトをご紹介します。

狭い範囲に向いているバー型

出典:amazon.co.jp

小さな鉢植えや水槽の水草を育てるのに向いているバータイプのライトです。2本から3本のLEDライトが付いているものもあり、広げるとかなりの広範囲に照射できます。ネック部分が自由に調整できるグースネック型が多く、それぞれおのバーを違う方向へと照らすこともでき、使い勝手がとても良いです。

広めの範囲を照らしたいなら吊り下げ型

出典:amazon.co.jp

上から吊るすタイプの植物育成用LEDライトは、LEDライトが密集して設置されているため、ムラなく広範囲にしっかりと光を当てることができます。園芸や家庭菜園におすすめです。

ただ、吊るす場所に困ってしまう方も多いのではないでしょうか。天井から吊るせることが一番簡単で便利ですが、天井に穴を空けられない場合は、ご自身でLEDライトを設置するための棚などを制作する必要があります。

機能で選ぶ

植物を元気に育てるための機能がいくつかあるのでご紹介します。光の性能や光量の大小、タイマーの有無、また植物が必要としている光をしっかり出せるかどうかなどの機能もしっかり抑えておきましょう。

太陽光に近いフルスペクトルタイプ

出典:amazon.co.jp

フルスペクトルを出せるライトなら、太陽光に近い光はもちろん、様々な光を出すことができます。植物の成長に必要な全波長光を採用し、光合成、発芽、開花に役立ちます。

また、フルスペクトルタイプは商品の種類も多いため、ご自身にあったタイプの商品を選ぶことができるでしょう。

光量が多いハイパワータイプ

出典:amazon.co.jp

せっかく光の色が最適だったとしても、光量が弱いと植物はちゃんと育ってくれません。そこで、植物にあったサイズのハイパワータイプがおすすめです。

ただし、ハイパワータイプは発熱の温度も高いため、近づけて当てては育てるどころか枯れさせてしまうことも。LEDライトの照射する最適な距離を事前に確認しておきましょう

照射タイマー機能

出典:amazon.co.jp

植物の育成ステージによって照射する時間をコントロールできるのはうれしい機能です。時間をコントロールすることができれば、照射時間を制御できます。また、小型のタイプにはタイマー機能付きの商品が多く販売されているので、安心して外出もできますよ。

LEDチップの色で選ぶ

出典:amazon.co.jp

植物は可視光線で育つと言われていますが、成長に合わせ、植物に必要な色の判断がつきにくいものです。植物の好む周波数の光をきちんと出せるかどうかも重要なポイントです。

植物が必要とする赤色と青色の光の調節ですが、発芽してからある程度大きくなるまでは赤色を強め、葉や果実などをつけだしたら青色を強め、と成長に合わせた光の照射がおすすめです。

植物育成用LEDライトのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、様々なタイプの植物育成用LEDライトのお勧め商品をご紹介します。Amazonで評価の高い人気商品もピックアップしていますので、是非参考にしてください。

1位 WAKYME 植物育成ライト3本チューブ B07 JZHQ88H

詳細情報
サイズ:350×115×83mm(パッケージサイズ)
LEDチップの色:赤・青・緑
消費電力:30W
重量:699g

あらゆる植物・栽培方法に対応!

光合成に必要な「赤」と生育に必要な「青」を10段階調光機能で植物や成長段階によって自在にコントロールできる商品です。

USB電源なので、バッテリー給電でベランダなど電源のないところでも使用でき、強力なクリップと360度可動できるグースネックなので、設置場所に悩むことがありません。

内栽培、水耕栽培、水槽照明、鉢植え、庭、温室植物、水生植物、観葉植物、多肉植物パイプラインの栽培などに最適です。

2位 OUMMET LED植物育成ライト 1500W

詳細情報
サイズ:60×400×212mm
LEDのチップの色:赤・青・緑
消費電力:1500W
重量:3.49kg

これひとつで多種植物のあらゆる成長段階に対応

10Wの高効率ダブルチップ採用で、優れた照明性能と高効率な植物育用LEDライトです。葉緑体を活性化して成長を促す青い光と、発芽や開花を促進する赤い光を10段階で調整しながら照射できます。

また、このLEDはフルスペクトラムなので、多くの植物に対応でき、さらに植物がどの段階にあっても対応できるのがうれしいポイントです。

3位 BARREL 植物育成LED PlanetLight 18W

詳細情報
サイズ:ライト直径12cm
LEDチップの色:白
消費電力:18W
重量:ー

クリップタイプの万能植物育成専用白色LEDライト

植物の好む波長を採用し、白色でも植物がよく育つLEDライトです。電球色に近いので間接照明のようにお部屋になじむのもポイント。

赤や青の植物育成用LEDライトとは違い、少し温かみのある白い光なのでどこに設置しても違和感がなく、玄関や寝室など太陽光が入りにくい部屋でも植物がよく育ちます。

4位 SUVIC LED植物育成用テーブルライト 5050SMD

詳細情報
サイズ:ー
LEDチップの色:赤・青
消費電力:ー
重量:約530g

自由自在に曲げられるテープタイプのLEDライト

長さは5mあり、ガイドに従い切断することが可能です。裏面には強力な粘着テープが貼ってあるので好きな場所にセットできます。通常の点灯モードでは8段階の調光が可能で、ストロボモードでも8段階のスピード調整できます。

5位 Joywell LEDライト

詳細情報
サイズ:ー
LEDのチップの色:赤・青・緑
消費電力:27W
重量:699g

タイマーで植物ごとに最適な光を自動点灯

3・9・12時間の自動消灯タイマーに加え、サイクルタイマーも使えるので自動点灯もでき、外出の多い方におすすめです。10段階調光が可能なので、植物の成長段階によって最適な光度をコントロールできます。USB給電でクリップ仕様なので設置場所を選びません。

また、自然光に近い色なのでどこに設置しても違和感がなく、卓上スタンドとしても使用できます。

6位 WAKYME LED植物育成ライト 1200W

詳細情報
サイズ:400×212×60mm
LEDチップの色:赤・青・白・紫
消費電力:1200W
重量:4.5kg

1200Wの吊り下げ型ライトで広範囲に光を照射

植物が喜ぶフルスペクトルの光を強力照射することで、植物の光合成力を最大限に引き出します。植物の異なる成長段階に合わせて、ワンタッチで光を調整できるので栽培初心者でも安心です。播種や植苗には「Veg」ボタン、開花や結実には「Bloom」ボタンを使い分けるだけの簡単設計。

2台を連結すれば照射範囲が広がり、植物により多くの光を照射できるのもポイントです。

7位 植物育成LEDライト 4580441480983

詳細情報
サイズ:約45x21cm
LEDチップの色:赤・青
消費電力:ー
重量:499g

植物に成長に不可欠な光をこれひとつでまかなえる

植物の成長に不可欠な「赤」と「青」の光を交互に配置することで日照不足を補い、植物の光合成や成長を促します。LEDライトの強弱は二段階で調整できるので、植物の成長度合によって照射をコントロール可能です。

ネック部分がフレキシブルに調整できるグースネック型で、クリップ式を採用しているため、設置の自由度が高く、使い勝手が良いです。曇天や日当たりが良くない場所での栽培におすすめです。

8位 植物育成LEDライト 小型スポットライト DF-5x1W-700/660

詳細情報
サイズ:49×74mm
LEDチップの色:白・赤
消費電力:5W
重量:55g

観賞用にも使える白色系のLEDスポットライト

LEDスポットライトに植物用の赤色LEDと青みの強い白色LEDをバランス良く混在させ、植物好みのスポットライトに改良した商品です。赤色LEDは植物工場で使用しているものと同じ波長660nmのものを採用し、葉の色がキレイに見えるように改良してあるので観賞用にも十分使えます。

植物育成用とスポットライトの2つのいいとこ取りが個性的で、玄関などの日射が弱いところでの使用におすすめです。

9位 Shuibian 植物育成ライト2本チューブ B07 GNFVP84

詳細情報
サイズ:15×0.78inch
LEDチップの色:赤・青・黄
消費電力:36W
重量:998g

小さめの植物を室内で育てるには最適なサイズ

陽当たりのよくない室内で植物を育てたいなら、このサイズのライトを専属的に照射する使い方がおすすめです。

トイレなどの狭い空間では、観葉植物とともにこのLEDを設置すれば、ドアを閉めた状態でも植物にうれしい環境が整えられ、空気浄化やリラックス空間が期待できます。

10位 SUNPIN 植物育成LEDライト LED-45W-1

詳細情報
サイズ:252×252×29.5mm
LEDチップの色:赤・青・紫
消費電力:45W
重量:670g

パネル型で効率的な栽培を

約26cm×37cmのパネル式植物育成用LEDライトです。それほど大きくはないので小型の植物の栽培に最適です。

パネルには発光した光がよく植物に当たるように工夫がされているため、効率の良い育成が期待できます。室内で植物や野菜を栽培するのにおすすめです

おすすめの商品一覧

製品 最安値 評価 リンク

WAKYME 植物育成ライト3本チューブ……

1

2,777円

OUMMET LED植物育成ライト 1500W

2

15,000円

BARREL 植物育成LED PlanetLight 18W

3

5,980円

SUVIC LED植物育成用テーブルライ……

4

2,998円

Joywell LEDライト

5

2,997円

WAKYME LED植物育成ライト 1200W

6

11,199円

植物育成LEDライト

7

1,980円

植物育成LEDライト 小型スポットラ……

8

1,780円

Shuibian 植物育成ライト2本チュ……

9

3,480円

SUNPIN 植物育成LEDライト LED-45W-1

10

2,590円

まとめ

植物の育成に絶対必要な太陽光をLEDライトでまかなえるとても便利な植物育成LEDライトですが、こんなにも豊富な種類が発売されていることに驚いた方も多いのではないでしょうか。

室内で野菜を育てることが可能になり、害虫を気にせずに済むため、無農薬の美味しい野菜を育てることができますよ。おしゃれな商品も多いため、お気に入りの一台を見つけて室内菜園をはじめてみてはいかがでしょうか。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
enyライター26

enyライター26