オーダーカーテンの選び方とおすすめ人気ランキング10選【世界に一つだけのものを】

enyライター5

enyライター5

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

オーダーカーテンと聞くと、価格に高いイメージがあるという方も多いのではないでしょうか。一昔前までは、オーダーカーテンは高価なものだったかもしれませんが、近年では購入のしやすい価格として販売されているため、現在では気兼ねに購入出来るようになっています。

人気メーカーでは、ニトリ・無印などの商品に人気がありますが、ローラアシュレイやマリメッコ・ラルフローレンなどの高級店の商品も人気です。

今回選び方から、オーダーカーテンの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

フルオーダーとセミオーダーの違い

出典:amazon.co.jp

カーテンは量産品である既製カーテンと、オーダーカーテンに分かれます。その中でもオーダーカーテンはさらに、セミオーダーとフルオーダーに分かれる仕組みです。


セミオーダーはカーテンの丈や巾を自由に指定できるカーテン
となっています。ただし、カーテンの選び方は生地・形・裁縫仕様・機能など様々あり、お店によってどこまで対応してくれるか異なるので注意しましょう。


フルオーダーはさらに細かく注文指定が出来ます。寸法もより細かく指定することが可能
です。部屋のデザインに合わせて、カーテンにこだわりたいのであれば、フルオーダーカーテンがおすすめと言えるでしょう。

カーテン購入前にチェックしておきたいポイント

オーダーカーテンは注文生産となるため基本的に、返品・交換はできません。採寸間違えや機能性カーテンをよくわかっていなかった、もっと安い店を見つけたなど後で後悔しないようにしっかりチェックをしておきましょう。

特に注意したいのが採寸です。その原因がメジャーの読み間違いで、普段メジャーを使わない方など、長い距離を測る際によく起こります。読み間違いを防ぐためには一般的な窓のサイズを頭に入れておくとよいでしょう。

採寸

出典:amazon.co.jp

カーテン巾の採寸はカーテンレールが基準になり、動かないランナー(フックを引っ掛ける輪)の間の距離を測ります。丈はランナーの輪の下端から床までを測り、ドレープ(厚手の生地)は1~2cmをマイナスし、レースなどはそこからさらに1~2cmマイナスしましょう。

腰高窓の場合は、ランナーの輪の下端から窓枠の下までを測り、そこからカーテンを垂らす分をプラスします。次に、フックのタイプを選んでください。
Aフックはレールが見え、Bフックは隠す仕様
です。これで、カーテン総丈に違いが出ます。

採寸について簡単に述べましたが、実際には出窓など窓の形も複雑なものばかりです。また、カーテンの吊るし方もランナーを使わずハトメやタブを使うものもありますので、そのような際は注文時、店舗側と詳しく打ち合わせをするようにしましょう。

機能性

出典:amazon.co.jp

カーテンを選ぶ前にチェックしておきたいことが、それぞれの生地が持つ機能面です。撥水性・制電性・遮光性・消臭性・抗菌性・洗濯性・防炎性・防汚性などがあります。これらの中で、
遮光性・防炎性は一般的に関心が高い機能
です。

機能性カーテンには、それぞれの基準に従い物性マークが表示されます。例えば、
防炎マークは「消防法施行規則」に基づく試験に合格、または「繊維製品品質表示規定」に基づく性能を有するものに表示されます
が、これらはあくまで日本の基準です。


海外の場合、国の基準が無いなどで防炎品があまり在りません。
デザインも豊富な輸入カーテンですが、色々な機能性にこだわりたい場合は販売店に問い合わせましょう。

価格・納期

出典:amazon.co.jp

オーダーカーテンはサンゲツ・リリカラ・東リなど大手から、デザイナーズカーテン、希少な輸入カーテンを扱う店舗まであり価格も様々です。購入前には、予算を決めておくと良いでしょう。

カーテンは縫製仕様、枚数などによっても納期に差が出ますが、
一般的には、1週間前後で5~10日程度で完成します。
ただし、珍しい生地などで取り寄せになる場合もあるので、完成期間は長めに見ておくようにしましょう。

引っ越しシーズンは店舗、メーカーに注文が多く入ります。また、取り付け工事込みで注文する場合なども、自宅を空けられないので大型連休に工事日を指定する方が多くいるため、それらの日程を考慮したうえで、余裕をもって注文するようにしましょう。

オーダーカーテン販売店の選び方

オーダーカーテンを注文する場合は内装店、カーテン専門店がおすすです。内装店は、クロス屋・表具店(経師屋)さんでカーテンも扱っている店を探しましょう。

内装店で窓回りの工事は、カーテンにサンゲツ・リリカラ・東リ・ブラインドには、ニチベイ・タチカワといった大手メーカーが扱われています。

一方、カーテン専門店では大手メーカーに加え、店によってはデザイナーズカーテンや輸入品など、個性的な商品も探すこともおすすめです。

希望のカーテンに対応してくれる店を選ぶ

大体の予算が決まったら、生地・縫製・サイズなど注文方法を細かく考えていきましょう。例えば、
フルオーダーは1cmずつでサイズ指定できますが、セミオーダーでは5cm刻み指定
となるところが多いため、予算に合わせてオーダーすることが重要です。

また、
縫製によって1.5倍ヒダ、2倍ヒダといった違いもあり、使う生地の量も異なります。
幅広カーテンの場合、巾継が入る場合がありますが、フルオーダーの場合はアイロンを当てるので、継ぎ目が目立ちません。

フルオーダーの方が、セミオーダーに比べ作業量が多く、ご自身の好みをリアルに再現出来るため、フルオーダーで購入を考えている場合は、セミオーダーよりも、多めの予算を設定しておくことをおすすめします。

細かな寸法に対応してくれるとぴったりサイズに

出典:amazon.co.jp

セミオーダーとフルオーダーでは、カットの方法に違いがあります。セミオーダーは手順省略のため、裁断を一回で済ませてしまいますが、フルオーダーは、裁断を数回行い、細かくサイズを合わせいくやり方です。

カーテンは吊るすと自重で生地が伸びるので、フルオーダーでは長めに裁断した後、吊るして切り直します。これにより誤差が出ず、1cm単位まで調整が可能です。

生地や柄が豊富なら好みが見つかる

出典:amazon.co.jp

カーテン選びで一番楽しいのが、生地や色・柄などのデザインを決める時ではないでしょうか?壁紙の色と合わせたり、インテリアのスタイルとコーディネートを考えたりとイメージも膨らむかと思います。

やはりイメージ通りのデザインを見つけるためには、たくさんのカタログを見ることなのですが、できれば
生地サンプルを確認
するようにしましょう。

様々なカーテンスタイルを扱っているお店を探す

出典:amazon.co.jp


カーテンスタイルで最も一般的なものはセンタークロスで、真ん中から左右に開く形です。クロスオーバーは真ん中を重ね合わせるスタイル
となっています。


ハイギャザーは裾にアクセントを持たせたスタイルで、スカラップは裾ぐちをアーチ型、スカラ状に開けるもの
です。また、飲食店での目線を遮るために使われるカフェスタイルも人気で、一般住宅でも小窓などに使用されたりもします。

カーテンレールにも注目

カーテンレールはカーテンを吊るすだけではなく、インテリアのアクセントとして重要なポイントです。


特殊なカーテンレールとしては曲がるフレキシブル・レール(コーナー、出窓用)や、間仕切り・コーナー用レール(オフィスなどで利用)、テンションポール(カフェカーテン、小窓用)など
があります。

カーテンレールの種類が豊富なお店を選ぶ

出典:amazon.co.jp

カーテンレールをインテリア用に生かしたいのであれば、豊富な品ぞろえの中から選びたいものです。ご自身のインテイリアスタイルに合わせて。演出効果を高められるようなレールを扱っている販売店を見つけましょう。


装飾レールを選ぶポイントは、デザインの他に素材が重要
になります。一般的なカーテンレールの素材では、
天然木・塩ビコーティング・金属
などがあり、木製であればフローリングの色に合わせるなど、テクスチャー面からのコーディネートも考えましょう。

カーテンアクセサリーもチェック

出典:amazon.co.jp

タッセルのような小物でも、店舗やオーダー方法によって違いがあります。最も一般的なタッセルは、カーテンと共生地で作りますが、同じ
タッセルでもフルオーダーには芯地が入ったもの・セミオーダーでは芯地が入っていないなどお店によって異なるのが特長
です。ご自身の好みにぴったりなカーテンアクセサリーを選ぶ様にしましょう。

採寸・施工を行っている店を選ぶ

出典:amazon.co.jp

カーテン販売店には採寸、施工まで行っている店があります。採寸に自信がない方は利用しましょう。例えば、カーテンの無かった窓に新たに取り付ける場合、カーテンレールの採寸から行わなければなりません。


カーテンレールは壁につける正面付け、天井につける天井付けなどがあります。窓枠内につける場合や、側面にエアコンがある場合などで取付スペースが狭くなるなど採寸の仕方に注意が必要
です。また、出窓のタイプによっても採寸が難しいものもあります。

カーテンレール取付も木製の窓枠につける場合は比較的簡単です。しかし、壁に直接取り付ける場合、壁紙の下地が石膏ボード、モルタル下地などで取り付け方が変わりますので、取り付けにも自信のない方は施工もしている販売店がおすすめとなっています。

特に装飾に凝りたい場合は仕様も確認

さらに細部の仕様にこだわりたい方には、フルオーダーでの仕様が選べる販売店がおすすめです。

トップ・ボトムの仕様

出典:rakuten.co.jp

カーテンの吊元はトップと呼び、一般的な仕様は2つ山、・3つ山・フラットの3つとなっています。そのほかに、ギャザーテープを使って仕上げるものもあり、ペンシルひだ・プリーツひだ・ボックスひだ・スモックひだなどの商品も販売されており、購入が可能です。

レースとドレープをダブルで吊る場合はドレープ開閉時、フックに引っ掛からないようにボックスひだにするのが一般的となっています。また、
ひだの幅と間隔はメーカーにより異なりますので、同じ部屋で違うメーカーを注文する場合、仕様の指定が必要
です。

ボトム(裾)にも仕様の違いがあります。折り返しにも完全3つ折り・不完全3つ折りと呼ばれるものがあり、フルオーダーの場合は、完全3つ折りで造られることが多いです。デザインとしてボトムにトリミングをあしらう、などの仕様もあるのでオーダー前は確認すると良いでしょう。

サイドの仕様

出典:amazon.co.jp

サイドは、カーテンのサイドとなる部分です。サイドにもトリミングをあしらい、ブレード・レース・フリンジ・リボン・テーピング、・カラップなどの6種類があるので、ご自身の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

スワッグ&テール

出典:amazon.co.jp

スワッグ&テールは、リング・ホルダー・装飾レールを使って生地をディスプレーします。カーテンと合わせて生地を選びましょう。さらに装飾効果を求める方には、上飾りを付けることをおすすめします。

オーダーカーテン販売店のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、具体的にオーダーカーテンを注文できる販売店を、見ていきます。カーテン選びは予算やデザインなど選ぶ基準はそれぞれ異なるので、ご希望に合った販売店を見つけることが大切です。

1位 mado 窓際貴族

詳細情報
オーダータイプ:フルオーダー/セミオーダー
種類:ドレープ、レース
納期:出荷日から
   北海道   3~5日後
   東北    2~3日後
   関東~中国 翌日~2日後
   四国    翌日~2日後
   九州    2~3日後
   沖縄    5~7日後
機能:遮光、防炎など

インポート(輸入)カーテンも充実

出窓用カーテン、カフェカーテンも種類が多く、病院用カーテン・レールなどもあります。装飾レールは木製、金属製とも種類が多くデザインも豊富です。

また、ハトメカーテンもありますので、ハトメカーテンと組み合わせることもできます。お急ぎの方には500以上の対象商品が正午までの注文で、即日配送できるサービスもあるため、おすすめです。

2位 カーテン・カーテン CURTAiN×CURTAiN

詳細情報
オーダータイプ:フルオーダー/セミオーダー
種類:ドレープ、レース、出窓用、リネン、インポートなど
納期:ご注文確認後、在庫のある商品は2営業日以内に発送
機能:遮熱、防炎、ウォッシャブル、光消臭・抗菌、保温、遮光、防音、花粉キャッチ、防汚、消臭、制電、ミラーレース、UVカット、遮像

安心の大手メーカーも取り扱い

サンゲツ、リリカラ、シンコールなどデザインや、素材も豊富な大手メーカーの椎名も扱ています。そのためカーテンの機能も様々あり、大変充実しているのが特長です。

こちらは愛媛県のお店で、県内全域無料出張のお見積もりサービスがあります。さらに愛媛県内ではレール工事も受け付けて頂いているため、愛媛県にお住まいの方にはおすすめのお店です。

3位 カーテンファクトリ e-カーテン

詳細情報
オーダータイプ:セミオーダー
種類:ドレープ、レース
納期:10~12営業日後に出荷
機能:遮光、防音、遮熱、UVカット、遮像、防炎

人気の北欧カーテンが豊富

豊富な色取りそろえたお店です。また、人気の北欧カーテンがそろっています。さらに、珍しいエスニックスタイルのカーテンもありますので、個性的なインテリアを表現できるでしょう。1cm単位でオーダーできる上、価格も非常にお求めやすくおすすめです。

4位 カーテン・インテリア小物 シード

詳細情報
オーダータイプ:フルオーダー
種類:ドレープ、レース、出窓用、リネン、インポートなど
納期:既製品は1~3営業日日以内、オーダー品は1週間から2週間以内に発送
機能:選択可能、遮光、ミラー、防水・耐水、防カビ、花粉キャッチ

お子様に人気のキャラクター柄あり

お子様に人気のキャラクター柄カーテンに、テーブルクロスや布団カバーなどあり、子供部屋をコーディネートできます。一般的なオーダーカーテンはオーソドックスで、部屋を選ばすインテリアに合わせやすいものが多数あるのが特長です。

5位 aiika

詳細情報
オーダータイプ:フルオーダー
種類:ドレープ、レース
納期:6営業日後発送
機能:遮光・遮熱、ミラーレース、防炎、防音、ウォッシャブル

オーダーなのに驚きの低価格

落ち着きのある色とデザインが多く取り揃えられたお店です。オンラインショッピングでも生地を確かめたいというい方のために、生地サンプル6種類の無料プレゼントがあります。さらにカーテンサイズ採寸メジャーも特典で付いてくるのが嬉しいポイントと言えるでしょう。

6位 セルコン

詳細情報
オーダータイプ:フルオーダー
種類:ドレープ、レース、ケースメント
納期:カーテン ご入金後7~10営業日、カーテンレール ご入金後2~7営業日
機能:ウォッシャブル、消臭、遮光、遮熱、保温、UVカット、セリスト加工、高耐光、防染、制電、制菌

川島織物セルコンを販売する高級カーテン&ラグ専門店

創業天保14年の老舗メーカー川島織物セルコンの高級カーテンとラグを扱う専門店です。高級で重厚感のあるカーテンがそろっています。

東京23区、大阪府、京都市近郊では専門職人を派遣しての採寸、施工サービスもありサービスが充実している会社です。料金は別途かかるので、サイトにてご確認ください。

7位 インテリアタカオカ

詳細情報
オーダータイプ:フルオーダー
種類:ドレープ、レース、出窓用、リネン、インポートなど
納期:既製品の場合 営業日3日~7日程度、オーダー品の場合 当社営業日5日~7日程度
機能:遮熱、防炎、ウォッシャブル、光消臭・抗菌、保温、遮光、防音、花粉キャッチ、防汚、消臭、制電、ミラーレース、UVカット、遮像

日本最大級1万を超えるカーテン

カーテンも豊富ですが、カーテンレールも素材、色ともに豊富です。さらに、タッセル、タッセル掛けも非常に種類が多くバラエティーに富んでいます。

さらに、カーテン以外にも縦型・横型ブラインド、ロールスクリーン、プリーツスクリーン、ガラスフィルム、すだれなど窓回りのほとんどを網羅していると言えるでしょう。

カーテンと一緒に小窓にロールスクリーンを付けたいなど、窓回りをトータルでコーディネートしたい方にはお勧めのお店です。また、生地のみの注文もできますので、カーテンに合わせてスワッグ&テールなどの装飾を施したり、共生地でクッションを作るなどのコーディネートもデートにおすすめとなっています。

8位 満点カーテン

詳細情報
オーダータイプ:セミオーダー
種類:ドレープ、レース、出窓用、リネン、インポートなど
納期:楽天バンク決済、銀行振込 ご入金確認後、5営業日以内に発送、クレジット、代金引換 ご注文確認後、5営業日以内に発送
機能:遮光、防音・断熱、防炎、UVカットレース、抗菌消臭

楽天で4年連続ランキング入りの人気店

楽天で4年連続ランキング入り、更にトータルでは6回のランキング入り(2018年現在)の超人気店です。その受賞に輝いたカーテンは、1億円カーテンと呼ばれています。遮光率100%、防音率50%、断熱率57%、形状記憶加工、生地裏4層の極薄コーティング加工と機能的にも優れているのが特長です。

他にも、オリジナルプリントを多数取り揃えています。寸法も5cmと1cm間隔と予算に合わせて選ぶことが出来ます。

9位 カーテン天国

詳細情報
オーダータイプ:フルオーダー/セミオーダー
種類:ドレープ、レース
納期:商品名に 受注生産A・受注生産Bを記載
   ・受注生産Aは 約5~6営業日後の出荷
   ・受注生産Bは 約7~8営業日後の出荷
   ※繁忙期は出荷まで更にお時間がかかる場合があります。
機能:遮光、ミラーレース、防炎など

安心のメーカー直売専門店

既製品からセミオーダー、フルオーダーまであるので、様々な注文が出来ます。1.5倍ひだ、2倍ひだ、ひだ無しや裾フリル加工やレースカーテンのボトムにウエイトテープを入れ裾の見た目をすっきりさせるなど、ご予算に合わせた注文をしましょう。

10位 リフォライフ

詳細情報
オーダータイプ:ー
種類:ドレープ、レース、など
納期:特にご指定がない既成サイズ品の場合、
   楽天バンク決済、銀行振込 ご入金確認後、2営業日以内に発送
   クレジット ご注文確認後、2営業日以内に発送
機能:遮光、洗濯OK、遮音、防汚、消臭、UVカット

全国から施工以来を申し込めます

柄、機能、色からカーテンを選ぶことが出来ます。購入前にカタログや実物を確認できるように、各地に「お助けショップ」が設けられています。
採寸、施工の依頼もできますが、ご自分で施工したい方には、各地お助けショップで定期的に体験教室が開かれているのも特長です。DIYに興味があるかたは、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

また、サイト内には採寸後、サイズや注文したいスタイルなど、必要事項を入力するだけで見積もりができる「自動見積もりシステム」があり便利です。

まとめ

オーダーカーテンはお部屋の雰囲気・インテリアに合わせ、考え選ぶことがとても大切です。カーテンは一度付けてしまうと、なかなか取り替え得ることありません。

せっかくのオーダーカーテンなら、ご自身が納得するまで、とことんデザインを考えるのも楽しいのではないでしょうか。また、フルオーダーの場合は世界にひとつだけの、カーテンを作ることができます。オーダーカーテンで更に素敵な毎日にしていきましょう。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
enyライター5

enyライター5