小型ワークライトのおすすめ人気ランキング10選【暗所での作業をサポート】

enyライター5

enyライター5

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ワークライトは、作業の際に使用する作業用ライトです。作業という言葉の範囲が広いためワークライトの定義も広く、分類の仕方も様々あります。

一般的な投光器、ハンドランプ以外にもデスクライト・懐中電灯・ヘッドライトなどもワークライトとして分類している場合もあります。

多岐にわたるワークライトですが、ものを明るく見やすくするためには無くてはならないアイテムです。今回は仕事や趣味、遊びにも役立つワークライトの選び方から、おすすめ商品をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でおすすめする商品

ワークライトの用途

出典:amazon.co.jp

ワークライトは工事現場や建築現場、自動車整備などには欠かせません。冬場は日暮れも早くなるため、外で作業を行う場合にライトが必要となります。建築現場では、室内の工事でも階段下や、収納部・床下・屋根裏の中は暗く、やはりライトが必要です。

自動車の整備でも、エンジンルーム内や下回りはもとより、夜の緊急修理や点検でも必要となります。また、漁船など夜の漁にも必要です。その他にもDIYやクラフトなど趣味のものづくりにも活躍しています。

作業以外にはキャンプや夜釣りなどのレジャーでもよく利用されます。あるいは
災害時には緊急の灯として非常に役立ちますので、一家に一台おすすめのアイテム
です。

ワークライトの選び方

暗い場所では欠かせないワークライトですが、作業によって使用する形も
手に持つタイプ・置くタイプ・吊るすタイプあるいはクリップなどで固定して使うタイプ
と様々です。

さらに、ランプも
白熱電球・放電灯・LED
といった種類があります。ワークライトを選ぼうと思ったら意外に種類が多くて迷っているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、どの様なことに使用するかがはっきりすれば、
全体的に照す・一方向に照射する・手元を明るくする
など使い方が決まり、選ぶライトの形や種類も決まってきます。そこで、今回は用途や種類から、商品の選び方をご紹介していきます。

用途で選ぶ

出典:amazon.co.jp

ワークライトを選ぶ際は他にも、電源確保の有無により充電式や電池式にする、あるいは作業環境によって防水機種を選択するなどの必要もあります。用途に適したものを選ぶことが重要です。

種類で選ぶ

ワークライトには
ハンドランプ・ハンディライト・投光器
などの種類があり、それぞれ使用目的が異なりますので詳しく解説したいと思います。

工事現場・建築現場で活躍するハンドランプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

移動の多い工事・建設現場で使われるため、
軽量でランプカバーが付いています。
ランプカバーは移動以外にも、作業中や資材の搬入時にランプの破損や飛散の防止になります。屋外用に防雨型もあり、アウトドアなどでも手軽に持ち運び、使用が可能です。

吊り下げ用のフックやクリップで、挟んで固定するタイプが多いのですが、現場では作業中に施工箇所を移動することも多々あり、それに伴って光源も簡単に付け替えが出来ます。上から照らす場合に使いやすいランプです。

趣味などでも、暗くなってからも作業をしたいことがあります。DIYで大きなものや複雑なものを作って光源を移動させながら作業したい、あるいはガーデニングで使用したい場合にもこのタイプがおすすめです。

自動車修理や狭所での作業に最適なハンディライトを選ぶ

出典:amazon.co.jp

自動車の下回りなど狭い空間に潜り込む、あるいは
狭い隙間に手を入れて作業する場合にはハンディライトがおすすめ
です。片手で持って手元を照す、あるいは両手を使いたい場合には置いて使います。部分的に照らしたい場合に便利です。

ストラップの付いたものがありますが、上から照らしたいときに簡単にかけられるのでおすすめです。

強い光を集中投射する投光器を選ぶ

出典:amazon.co.jp


光を集めて一方向を照らすタイプです。スタンド式・三脚式・壁などに取り付ける設置式・クランプ式やクリップ式も
あります。クランプ式やクリップ式のものは、ハンドランプに似た見た目のものがありますが、投光器はライトの後ろに反射板が付いている仕組みです。

光を集めることで、非常に明るく照らすことが可能で、工事・作業現場などで使われますが、一か所で集中的に作業する場所を照らす場合に向きます。ライトアップやグラウンドの照明に使用されることもあり、イベントなどのご利用にもおすすめです。

ランプの種類で選ぶ

ランプの種類には白熱電球タイプ、放電灯タイプ、LEDなどがあります。それぞれの光の特長を見ていきましょう。

白熱電球タイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

白熱電球タイプは、電球の中のフィラメントに電気が通り光ります。白熱電球・ハロゲン電球・レフランプなどがあります。

白熱電球は最も一般的な照明です。
ハロゲン電球はとても明るいのですが、熱も生じます。
レフランプはガラス球の内側にアルミニウムを付着させて反射鏡とし、光を効率的に前方に集中させる仕組みです。

放電灯タイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

放電灯タイプには、蛍光ランプとメタルハイドランプがあります。
蛍光管に電気を流すことで光る仕組みです。蛍光灯は影が少なく、一様に照らしたい場合におすすめ
と言えます。価格はLEDより安いのですが、明るさや照らす範囲を調整しづらいデメリットがあるので注意しましょう。

メタルハイドランプは複数の色が含まれており、
太陽光に近い光で植物の成長を促進させます。
ランプの光束(ランプから出る光の量)が多いために明るく、広い空間での使用におすすめです。

LEDランプを選ぶ

出典:amazon.co.jp


LEDランプは、発光ダイオードを使った照明です。消費電力も少なく、寿命が非常に長い
というメリットがあります。紫外線を発しないことから虫が寄ってきにくいので、レジャーやスポーツ、イベントでのご利用をお考えの方におすすめです。

ワークライトを選ぶ際、ワット(w)表示とルーメン(lm)表示があります。ワット(w)は明るさではなく、消費電力の単位です。白熱電球は、消費電力と明るさが比例するのでワット(w)が使われています。対して、ルーメン(lm)は、明るさを示しています。

LED電球は白熱電球より消費電力が低いので、同じワット(w)でも明るさが違ってしまいます。そのため、ルーメン(lm)表記となりました。ただし、
白熱電球と同等の明るさという意味で「60w相当」などの表現もあるので注意しましょう。

ノイズ対策LEDランプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

LED作業灯はLEDチップやインバーターなどを狭所に配列しているため、構造上ノイズを引き起こしやすくなっています。それにより、船の無線にノイズが入るといった影響が出ます。そのような状況にお困りの方におすすめなのがノイズ対策作業灯です。

電源で選ぶ

ワークライトを使用する場所は様々です。屋内・屋外あるいはトラックの荷台や船上など、使用現場に適した電源が選択のポイントとなってきます。また、電圧も100v、200vの使い分けが必要となりますので覚えておきましょう。

持ち運びに便利な充電式

出典:amazon.co.jp

充電式のワークライトは、電源の無い場所や、あってもコードが届かない場所の作業に必要となります。建築現場などでは電気工事が完了する前の作業もあり、コンセントが使えないこともあるでしょう。また、レジャーにもおすすめですが、とくに災害時には必要の品となります。

充電式ではありませんが、短時間の作業であれば電池式のライトも手軽に使えるのでお勧めです。

家庭用100V電源 屋内用・庭先でも使える屋外用

出典:amazon.co.jp

100V電源は一般家庭用で使用され、一般的なコンセントからそのまま使用が可能です。屋内用と防雨型の屋外用があります。屋外用は庭先でのバーベキューや、仕事が終わって暗くなってからもDIYやガーデニングなどの作業がしたいという方におすすめです。

200Vで使用できるランプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

200Vは、100Vの倍の電圧が使用できますが、三相200V、単相200Vに分かれるのが特長です。三相は工場などで使われ、単相はエアコンなどの高性能化により家庭などに引かれていることもあります。100Vのコンセントとは異なる形状(種類があります)です。

お使いの電圧に応じたワークライトの選択となりますが、100V・200V兼用タイプは使用場所を移動できますので便利といえます。

取り付け方で選ぶ

ワークライトの取り付け方は作業のしやすさに直結します。作業内容や作業場所によって、どの位置から、どのように照らしたいのか決めておきましょう。

マグネット付きで照射角度も自在に取り付け

出典:amazon.co.jp

マグネットで上面、側面など直接壁にとりつけることで、細かい位置の調整が出来ます。簡単に移動もでき便利です。

クリップ・フックで簡単取り付け

出典:amazon.co.jp

こちらも簡単にライトの位置調整が出来ますが、マグネットの張り付かない場所で用います。簡単に移動もでき便利です。

クランプでしっかり取り付け

出典:amazon.co.jp

一か所にしっかり固定して移動などをしない場合に便利なタイプと言えます。また、工事現場など振動がある場所や高所での使用では落下防止の面からもおすすめです。

小型ワークライトのおすすめ人気ランキング10選

それでは、具体的におすすめの商品をご紹介いたします。使用場所や目的に応じて明るさ、照らし方など色々ありますので、最適な商品を見つけましょう。

1位 高儀 EARTH MAN クリップライト 15W CLT-15LA

詳細情報
光束:1800ルーメン
電圧:AC100V
周波数:50/60Hz
適用電灯の定格消費電力:250W
電圧:AC100V
コード長:約5m【付属ランプ】
定格消費電力:15W

寿命の長いクリップライト

一般的な白熱電球に比べて寿命は約40倍の40000時間。さらに、省エネで経済的です。クリップ式なので取り付け、取り外しも簡単に行える屋内用となっています。

2位 高儀 EARTH MAN 蛍光灯ワークライト スタンド式ダブル20W

詳細情報
電圧:AC100V
周波数:50/60Hz
電流:最大0.6A
適用電灯の定格消費電力:最大40W(20W+20W)
本体サイズ:約長さ720×幅830×高さ920~1850(mm)/収納時 約長さ220×幅570×高さ920(mm)
コード長:約5m
質量:約4.2kg

ダブルライトで明るく作業できる

小型の蛍光灯ワークライトを2台ついています。室内・屋外両用です。蛍光灯は広い場所での作業に向きます。また、スタンド型なので、周りに取り付け場所がない場合でも、置くだけで高いところから照らすことが可能です。

3位 タタコーポレーション 充電式LEDライト LED投光器 強力マグネット付き 27W 2200lm ブラック YLK-2200

詳細情報
光束:2200ルーメン
周波数:50/60Hz
本体サイズ:長さ26.2×幅13.3×11.6高さ (mm)
コード長:m
質量:1.1kg

スマホへの充電もでき、災害時にも役立つ

充電式のLEDライトですが、モバイルバッテリーとしても利用できるため、災害時に役立ちます。スタンドタイプの底置き式なので、簡単に設置して使うことが出来ます。バッテリー残量も一目でわかりますので便利な商品と言えるでしょう。LEDなので虫が寄ってきません。キャンプなどにおすすめです。

4位 KIWEN LED投光器 50W LEDライト 昼光色 銀色 作業灯 看板灯 集魚灯 駐車場用 防水 長寿命 1年品質保証

詳細情報
光束:6000ルーメン
周波数:50/60Hz
質量:1.5kg

応用範囲の広いLED投光器

壁、床、天井に取り付けられるので、トンネル内の照明、掲示板や看板の照明、工事現場、駐車場、公園など応用範囲が広く、防水、防塵効果も高いので、集魚灯としても使えます。特にアウトドアで力を発揮するでしょう。

5位 DENSAN Vフリーライト PDI-VF10

詳細情報
周波数:50/60Hz
電流:0.05~0.15A
適用電灯の定格消費電力:10.7~11.2W
定格消費電力:10.7~11.2W
コード長:5m
質量:0.72kg

100V、200V兼用 作業用蛍光灯

パイプ部分はポリカーボネイト製なので軽量で携帯にも便利です。100V、200V兼用で電源を切り替え無しで使用できます。ハンドランプとして手に持って使用しないよう注意しましょう。

6位 ハタヤ(HATAYA) 屋外用防雨型LEDケイ・ハンドランプ LEW-5

詳細情報
光束:600ルーメン
周波数:50/60Hz
質量:0.98kg

軽量なので移動に便利、屋外用ランプ

樹脂製なので軽量、ガードネットも衝撃に強いポリカーボネイト製です。そのため、現場作業など移動の多い方におすすめの商品となっています。特に、大きい現場などで複数使用する場合の持ち運びには非常に便利です。

7位 【充電式作業灯】Linkax Ledワークライト USB充電式 ハンディライト折り畳み式 マグネット機能搭載 夜間作業(大)

詳細情報
本体サイズ:長さ70×幅162×高さ 46(mm)
質量:0.26kg

懐中電灯としても使えるLEDワークライト

磁石付きで、ライト部分が270°回転するので作業しやすい方向から手元を照らすことが出来ます。狭い場所に工具を入れて作業をする場合などに特に便利です。

モバイルバッテリーとして使用でき、折り畳み式で懐中電灯としても使用できますので、災害用にも役立つ一台と言えるでしょう。

8位 LED 作業灯 48W ノイズが発生しない ワークライト 投光器 12v/24V(10V~70V 対応)防水IP67/65

詳細情報
光束:3200ルーメン
電圧:10~70V
本体サイズ:長さ65×幅106×高さ106 (mm)
質量:0.65kg

ノイズを抑え無線、リモコンなどを邪魔しない

9位 アイリスオーヤマ LED ワークライト 485lm 防滴型 ILW-43B

詳細情報
光束:485ルーメン
周波数:50/60Hz
質量:0.69kg

屋外で便利なLEDワークライト

LED電球なので省エネ、長寿命です。防滴型の商品ですが、ファスナー式のストラップで簡単に吊り下げが出来ますので、庭などでの作業にも適しています。また、LEDは虫が集まりにくい面でもおすすめです。

LEDライトは衝撃に強く、さらにポリカーボネイト製のカバーが採用されているので振動のある現場などでもご使用いただけます。

10位 Viaggio+ スタイリッシュ COB LED ハンディライト ワークライト 懐中電灯 作業灯 フック クリップ マグネット付 コンパクト

詳細情報
光束:200ルーメン
周波数:50/60Hz
本体サイズ:長さ172×幅680×高さ460 (mm)
質量:0.18kg

フックと磁石で取り付けが簡単

フックが付いているので引っ掛けることが出来、下部の磁石で金属部分につけるつけるが出来ます。狭い部分での作業を照らす際に便利です。連続点灯時間も7時間(使用電池により異なります)と長いので、長時間の細かい作業に適しています。クラフトなどでの使用もおすすめです。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

高儀 EARTH MAN クリップライト 15……

1

1,800円

高儀 EARTH MAN 蛍光灯ワークライ……

2

7,280円

4.54

タタコーポレーション 充電式LEDラ……

3

8,612円

KIWEN LED投光器 50W LEDライト 昼……

4

2,380円

3.6

DENSAN Vフリーライト PDI-VF10

5

5,621円

ハタヤ 屋外用防雨型LEDケイ・ハン……

6

5,572円

3.2

Linkax Ledワークライト USB充電式……

7

1,850円

4.2

LED 作業灯 48W ノイズが発生しな……

8

3,100円

4.67

アイリスオーヤマ LED ワークライ……

9

2,675円

3.9

Viaggio+ スタイリッシュ COB LED ……

10

980円

4.6

まとめ

ワークライトは種類が豊富なため、用途に合わせた選び方がとても重要です。また、ランプにも種類があるため、ご自身の好みに合わせてランプの光やランプの種類を決める様にしましょう。

最適なワークライトを使用し、これまでよりもさらに快適に充実した作業を行い、作業効率を上げていきましょう。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
enyライター5

enyライター5