ギアレンチのおすすめ人気ランキング10選【ボルトやナットの本締め作業に】

六ッ見勝史

六ッ見勝史

建築業経営・ライターとして活動しています! よろしくお願いいたします!

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ギアレンチはさまざまな職種に使用される工具で、ラチェットメガネレンチとも呼ばれています。特に、現場職人・整備士などの技術職の方には欠かせない工具でしょう。

TONEやKTCなど有名なメーカーはもちろん、多くのメーカーから発売されています。また、ショートやロングといったサイズや薄型や首振りタイプなど種類もさまざま。用途によって異なるため、選び方に迷う方も多いのではないでしょうか。今回は、ギアレンチの選び方とおすすめの商品を紹介しますので参考にしてみてくださいね。

この記事でおすすめする商品

ギアレンチとは?

出典:amazon.co.jp

ギアレンチとは、スパナやモンキーとは違いラチェット機能がついているので、ギアレンチ一本でボルトやナットを締める作業がスムーズに行うことができ、作業効率がアップします。

仕事で愛用している方はもちろん、DIYなどの作業や組み立て用の家具を作る際にも便利です。また、ギアレンチは繊細な作業が求められる作業にも欠かせない工具です。

ギアレンチの選び方

ギアレンチのタイプは複数あり、用途によって選ぶタイプは異なります。また、ボルトの大きさや本締めが可能なタイプ、ギア数なども選ぶポイントですので参考にしてみてください。

タイプで選ぶ

ギアレンチには、ショートタイプ・ロングタイプ・首振りタイプなど、複数種類があります。それぞれ適した用途がありますので、簡単に説明していきます。

持ち運びに便利なショートタイプ

出典:amazon.co.jp

持ち運びや収納に便利なショートタイプは、さまざまな種類の工具を使用する職業の方におすすめです。特に腰袋をつけて作業する方に人気で、ショートタイプなので作業袋から飛び出すことなく持ち運びができるため重宝されています。

負担をかける作業にはロングタイプ

出典:amazon.co.jp

負荷をかける作業にはロングタイプのギアレンチがおすすめです。テコの原理で固いボルトを回すこともできます。また、柄の部分が長いため、奥の方にあるボルトにも対応できます。

狭い場所に便利な薄型タイプ

出典:amazon.co.jp

薄くて使い勝手がいいギアレンチです。狭い場所はどうしても作業に時間がかかり、雑な仕上がりになりがちですが、薄型タイプのギアレンチなら窮屈さがないのでスムーズに作業が進みます。

狭すぎて目視できないような場所でも、ギアレンチならラジェット式なので一度ボルトにはめてしまえば問題なく締め上げることができます。腕や手を動かさなくても指先だけで締め上げることが可能なので、狭い場所と薄型タイプのギアレンチは相性が抜群です。

レバーで締める方向を変えられる切り替えタイプ

出典:amazon.co.jp

切り替えタイプのギアレンチは、ノーマルのギアレンチのように緩める時と締める時でギアレンチを反転させる必要がなく、レバーを動かすだけで締める方向を変えることができるので大変便利です。

間隔の狭いボルト締めには首振りタイプ

出典:amazon.co.jp

首振りレンチは、作業をしているとボルトを回したくても周りの部品にあたってしまい回せないといった場合も。そんな狭い場所でも、ボルトを回すことができるのが首振りタイプです。ラチェット部分が左右に動くため、ボルトにはめたまま柄を回し、締めることができます

使い勝手が非常によいため、プロの方はもちろん、DIYで使用する方にもおすすめなタイプです。

ボルトのサイズにあわせて選ぶ

出典:amazon.co.jp

ボルトにも多くのサイズがあるので、ギアレンチもボルトのサイズにあわせて選びましょう

一般的に多いサイズですと、M3(5.5ミリ)・M4(7ミリ)・M5(8ミリ)・M6(10ミリ)・M8(13ミリ)・M10(17ミリ)・M12(19ミリ)となりますので、ギアレンチのサイズで選ぶ際は注意してください。

本締めが可能なタイプか確認

出典:amazon.co.jp

昔のギアレンチはギアの機構が弱く、ギアレンチでは本締めができませんでした。本締めができないと、メガネレンチやモンキーに持ち替えて締め直す手間がかかります。

現在のギアレンチはほとんどの商品が本締めができます。本締めができないタイプのギアレンチですと、ボルトを緩めることができないものが多いので、注意して選びましょう。

ラチェットのギア数を確認

出典:amazon.co.jp

ギア数は、ギアレンチで最も重要な役割を果たします。ギア数とは山のことを指し、ギア数が多いほど滑らかな動きが可能になります。ギア数の少ないギアレンチに油を注入したところで、ギア数の多いギアレンチには滑らかさで劣ります。

それだけではなく、ギア数が多いとスカをしづらくなります。スカが多いとボルトの山もすり減ってきて、ボルト交換時にボルトが回らないという大変な事態になります。

一般的にはギア数が72の商品が多く、ギア数72もあれば動きが滑らかでスカもしづらくなります。ギア数が72より少し下かそれ以上のギアレンチを購入するのが望ましいです。

人気メーカーで選ぶ

工具にこだわりがある人は同じメーカーで一式揃える人も多いと思います。工具で有名なメーカーをいくつか紹介します。

TONE

出典:amazon.co.jp

ストレート形状により本体が薄いため、深く奥まった狭い箇所での作業に最適です。見た目にもこだわっていて、スタイリッシュなデザインをしています。安全ロープ取付け穴付なので高所作業の方におすすめのメーカーです。

KTC(京都機械工具)

出典:amazon.co.jp

KTC(京都機械工具)のギアレンチです。レンチをボルト・ナットから外すことなく作業でき、本締めまで可能です。価格も安いので、費用を抑えてギアレンチを揃えたい人におすすめのメーカーです。

セットを選ぶと便利

出典:amazon.co.jp

これからギアレンチを購入する人や、すでに持っているけど種類を増やしたい方はセットで購入することをおすすめします。セットで購入すれば、一本ずつ揃えていくよりもお得に購入できます。

大きいサイズにはギアレンチトラック

出典:amazon.co.jp

大きいボルトサイズにはギアレンチトラックという専用の工具があります。ギアレンチトラックは主にトラックやバスの大型タイヤなどに使用することが多いです。

製品に倍力と記載されていますが、倍力が高くなるほど力をかける負荷が少なくなります。大型車のボルトは非常に固く、緩めるのにかなりの力が必要ですが、ギアレンチトラックならスムーズに緩めることが可能なので緊急時にも役立ちます。大型車に乗ってる方は車に常備して置くことをおすすめします。

付け替えができて便利なギアレンチアダプター

出典:amazon.co.jp

ギアレンチには、手で持つ柄の部分とソケットが取り外しできる、便利なアダプタータイプの物もあります。アダプタータイプならボルトサイズにあったソケットに付け替えるだけなので、さまざまなサイズのレンチが必要な方や工具箱の中が他の工具でいっぱいな方におすすめです。アダプターのみの収納となるため、持ち運びも便利なうえ、重量も軽減できます。

スタンダードのギアレンチよりソケット部分が出ているので、ボルトにハメやすく外れ難くなっています。ですが、増し締めには適していませんので、スパナレンチやモンキーレンチなどと合わせて使うことをおすすめします。

ギアレンチのおすすめ人気ランキング10選

ここからはギアレンチのおすすめの人気商品を10選をご紹介します。前述で紹介した選び方を参考に、用途にあったギアレンチを選んでみてください。

1位 スーパーツール(SUPERTOOL) ギアレンチ ストレートタイプ GRW17

詳細情報
サイズ:17mm
全長:225mm
ストレートタイプ:

長さも丁度いいストレートタイプ

こちらは長さ・ギア数など王道のタイプとなります。値段も安くリーズナブルに購入できるので、一本は持っておきたいギアレンチです。

職人さんや整備士の方はもちろん、DIYなどでも便利に活用できます。さまざまなサイズがあるので、全サイズ揃えるのもおすすめです。増し締めもできるので、使い勝手がいいギアレンチです。

2位 スーパー ギアレンチ(ショート・フレックスタイプ) GRW8FS

詳細情報
対辺寸法(mm):8
厚み(mm)スパナ:5.0
厚み(mm)めがね:6.5
全長(mm):93

便利なショートタイプ

ロングタイプのギアレンチが、入らない場所で多く使用するショートタイプのギアレンチです。工具を沢山持っている、技術職には収納も便利でかさばらないショートタイプがおすすめです。ロングタイプより素早くボルトが締めれるので魅力的な商品です。

3位 シグネット 13X17MM フレックスメガネギアレンチ 34528

詳細情報
サイズ(mm):13x17
全長(mm):225
メガネ部幅(D1;mm):27.4
メガネ部幅(D2;mm):35.1
メガネ部厚み(a1;mm):8.8
メガネ部厚み(a2;mm):10.9

一本で二役の優れもののギアレンチ

シグネット製のメガネタイプのギアレンチです。左右大きさが異なり、一本で二本の役割を果たしてくれる優れものです。両方ギアタイプなので増し締めは少し不安ですが、上手く使えば十分増し締めもできます。メガネタイプで一式揃えれば、片方がギアタイプの物よりお値段も半分になるので、お得にギアレンチが揃えられます。

4位 シグネット 13MM スイベルギアレンチ

詳細情報
サイズ(mm):13
全長(mm):178
スパナ部幅(B;mm):29.9
メガネ部幅(D;mm):27.4
スパナ部厚み(A1;mm):8.9
メガネ部厚み(A2;mm):8.8

首振り可能な増し締め重視のギアレンチ

シグネット製の首振り可能なタイプの13ミリギアレンチ。首振りが可能なのでご自分の好きな角度でボルトの締め付けが可能になります。片側がスパナタイプなので、増し締めを十分にしたい方にもおすすめなギアレンチです。

5位 トネ(TONE) 首振ラチェットめがねレンチ HPRMF-07 二面幅7mm GRW8FS

詳細情報
二面幅寸法:7mm
全長:127mm
首振り角度:180度

細かい作業をする人におすすめ

レンチ系の工具で人気があるトネ(TONE)製の珍しいサイズのギアレンチです。こちらの製品は、7ミリと珍しいサイズになっているので、細かい作業をする人におすすめです。

6位 マストツール ダブルフレキ軽量ギアレンチ 19mm IM-DFGK19

詳細情報
規格:19mm
全長:262mm
D1:40.9mm
D2:35.2mm
T1:8.7mm
T2:11.0mm
重量:265g

軽量タイプのギアレンチ

軽量タイプの19ミリのギアレンチです。腰ベルトにぶら下げても重さをあまり感じないので、高い場所での作業をする方には最適です。デザインも良く、若い職人さんに人気が高いギアレンチです。

7位 KTC (京都機械工具) ギアレンチ STDコンビ LMSR1-15-F

詳細情報
サイズ:15mm
ギア枚数:72枚
送り角度:5度

人気メーカーのギアレンチ

ギアレンチの人気メーカーKTC (京都機械工具)の15ミリタイプです。デザインにこだわりを持った製品で、スタイリッシュな見た目が好きな人におすすめです。丈夫さと使いやすさを兼ね揃えた人気メーカーのギアレンチがお手軽価格で購入可能です。

8位 高儀 M&M フレキシブルギアレンチ 14mm

詳細情報
送り角度5°の72山ギア:
首振り角度180°:
本締め可能:
本体材質:クロームバナジウム鋼
保証トルク:スパナ86N・m/ラチェット158N・m
サイズ:幅35×高さ192×奥行10mm

送り方向が一目でわかる!

高儀製の14ミリギアレンチです。矢印が記載さているので送り方向が一目でわかるので、ギアレンチに使い慣れていない人にも使いやすい設計になっています。

材質にパラジウムを使用しているので、頑丈な製品になっています。錆びたボルトなどギアレンチに力を加える作業に最適です。

9位 ASTRO PRODUCTS 02-24749 フレキシブルギアレンチ 7本組

詳細情報
入組みサイズ(mm):8・10・11・12・13・14・17
材質:クロムバナジウム
499 g:
22.5 x 15 x 10 cm:

お得な7本セット

お得なセットのギアレンチがアストロプロダクツで販売されています。セット内容は頻繁に使うサイズで形成されているので、このセットを購入すれば一般的に使用するギアレンチがお安く揃えられます。

10位 スーパー ギアレンチ(ショート・フレックスタイプ) GRW8FS

詳細情報
対辺寸法(mm):12
厚み(mm)スパナ:5.5
厚み(mm)めがね:8.5
全長(mm):110

本締め重視のショートタイプ

ショートタイプの12ミリギアレンチです。首振り可能なギアレンチでは本締めが不安という人にはこちらのタイプの物をおすすめします。価格もリーズナブルで必要なサイズを揃えるにもお財布に優しいので、DIYなど趣味で作業する人にもお求めやすくおすすめです。

おすすめの商品一覧

製品 最安値 評価 リンク

SUPERTOOL ギアレンチ ストレート……

1

896円

Supertool ギアレンチ ショート・……

2

604円

SIGNET 13X17MM フレックスメガネ……

3

2,829円

SIGNET 13MM スイベルギアレンチ 3……

4

2,231円

5

TONE 首振ラチェット めがねレンチ……

5

1,258円

4.5

MUST TOOL ダブルフレキ軽量ギア……

6

1,993円

3.9

KTC ギアレンチ STDコンビ LMSR1-1……

7

1,380円

高儀 M&M フレキシブルギアレンチ ……

8

1,214円

5

ASTRO PRODUCTS フレキシブルギア……

9

5,478円

Supertool ギアレンチ ショートタ……

10

630円

まとめ

いかがでしたでしょうか。ギアレンチは主に車の整備などに使用され、ご家庭で使用する頻度は少ないかもしれませんが、家具の組み立てなどにも使用できるので一つあると便利です。

この記事を参考に、用途にあったギアレンチを見つけてみてくださいね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
六ッ見勝史

六ッ見勝史

建築業経営・ライターとして活動しています! よろしくお願いいたします!