卓上ルーペのおすすめ人気ランキング7選【ぼやける手元もくっきり見える!】

はなび
水辺大好き男子

はなび

自然と触れ合える水辺のアウトドアが大好き。登山や釣りなど、DIYアイテムやおしゃれな雑貨が好き。ライター歴1年。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

細かな作業や新聞や本などの小さな文字を読むのを助けてくれる卓上ルーペ。広い範囲を拡大したい場合や、一部分のみを高倍率で拡大したい場合など、さまざまなシーンで活用できます。

卓上ルーペは対象物や作業によって必要な機能、形状は異なり、LED付きの製品や10倍の高倍率のタイプ、折りたたみできるタイプなど種類は豊富です。そこで今回は卓上ルーペの使い方や選び方、おすすめ商品を7選ご紹介いたします。ご自身の用途に合った卓上ルーペを見つけてみてくださいね。

この記事でおすすめする商品

卓上ルーペの使い方

出典:amazon.co.jp

卓上ルーペは拡大鏡を使用することで、見えづらい手元や対象物をはっきりと見るための道具です。基本的な使い方は同じですが、機能や形状によって若干使い方は異なります。

卓上ルーペは作業に合わせた倍率サイズの拡大鏡を使用しましょう。読書などの活字に使用する場合は、虫眼鏡型のルーペを使用し倍率を通常の2倍程度にすることで、文字を拡大できる範囲を広げることができます。

細かな作業が必要な場合は、拡大鏡の倍率を4倍などの高倍率にし、拡大範囲を狭めることでより細かな部分が見え、作業精度を上げることができます。

卓上ルーペの選び方

出典:amazon.co.jp

拡大倍率、視野範囲は対象物によって異なるため、作業内容によって適切な作業倍率機能を使い分けることです。また、ライト付きのものや精密作業用に特化した卓上ルーペなど、便利な機能を備えた製品もありますので、ご自身の用途にあった卓上ルーペを見つけてみてください。

卓上ルーペの形状で選ぶ

卓上ルーペは作業環境で機能や形状が大きく変わってきます。作業視野を広く確保するのであれば拡大倍率は低くなり逆に作業視野を狭くすれば拡大倍率を高くすることができます。作業内容や卓上ルーペの使いどころを把握し、適切な商品を選びましょう。

卓上ルーペを作業環境に合わせて、タイプ別に3つご紹介します。

読書に最適な手持ちルーペタイプ

出典:amazon.co.jp

拡大倍率は低いですが、広い視野を確保することができるルーペタイプです。広い部分を拡大できるため、新聞や本などの活字を読むのに最適です。また、手持ちタイプはルーペのサイズに比例し、大きくなればなるほど拡大範囲も広がります。

高倍率作業に適したピークルーペタイプ

出典:amazon.co.jp

高い拡大倍率に狭い拡大視野を持つ、精密作業などのポイント作業に向いているタイプです。高い倍率と狭い拡大視野は精密作業を行う際にピンポイントで拡大を行うため、作業に不必要な部分は目に入りません。作業に必要な場所だけを視野に入れることで、集中力を高めることができます。

拡大視野が4倍〜10倍ほどの高倍率パターンがあるので適切な倍率を選びましょう。

持ち運びに便利なポケットルーペタイプ

出典:amazon.co.jp

拡大倍率と拡大視野は小さいものの、携帯性に優れ持ち運びに便利なタイプです。持ち運び時、拡大鏡は収納しているために傷つくことはありません。手持ちルーペやピークルーペを常備する程では無いものの、手元を確認する作業を行う場合に重宝します。

卓上ルーペの機能で選ぶ

卓上ルーペには、手元の視野を確保する基本的な役割に便利機能を搭載した商品が展開されています。便利機能を使用することで、従来の商品では対応できなかった作業に対応でき、作業効率の向上を見込むことができます。

作業に卓上ルーペを使用されている場合は、用途にあった機能を選ぶことで作業効率を改善することができるでしょう。卓上ルーペの便利機能をタイプ別に3つご紹介します。

薄暗い手元も明るく照らすライトタイプ

出典:amazon.co.jp

薄暗い場所での使用や、卓上ルーペのサイズが大きく手元の明るさが足りない場合に向いてるタイプです。卓上ルーペの拡大鏡周りや持ち手の付け根にライト機能を搭載することで、拡大視野内を明るく照らします。

ライトはボタンスイッチタイプを選ぶと点滅が行いやすく、LEDタイプのライトを選ぶと手元を非常に明るく照らせます。

精密作業にあると便利なスケールタイプ

出典:amazon.co.jp

卓上ルーペの拡大鏡とスケールがセットになっているタイプです。高倍率・低視野の精密作業向けのルーペであるピークルーペと相性が良いです。高倍率での作業にスケールが搭載されることで、拡大表示とサイズの確認が同時に行えます。

精密作業を行う際に、スケール付きタイプを選べば作業の幅を広げることができます。拡大表示とサイズ確認を行いたい方におすすめです。スケールの単位は商品ごとに異なりますので、購入前に確認を行いましょう。

拡大倍率を手軽に変えられる可変式タイプ

出典:amazon.co.jp

拡大鏡のレンズタイプが複数セットになっているタイプです。手軽に倍率を変更できる機能は携帯タイプのポケットルーペに採用されていることが多く、細かな倍率のレンズの変更を行えます。視野範囲の調整はできませんが、倍率の変更を手軽に行うことができ、持ち歩きするのにもかさばらず便利です。

卓上ルーペのおすすめ人気ランキング7選

1位 PALMOO 最新版 手持ちルーペ 拡大鏡 LEDライト付

詳細情報
重量:22g
総倍率:5倍/10倍

読書にぴったりな手持ちタイプ

読書にぴったりなサイズでありながら機能性に優れるタイプです。LEDライト付きで、暗い手元も明るく照らすことができます。拡大鏡のサイズも5倍、10倍と2段階変更することが可能なので、非常に小さな文字から通常サイズの文字まで幅広く確認できます。

2位 F スタンドルーペ 虫眼鏡 拡大鏡 2.0X 6.0X 折りたたみ式 LEDライト2付き

詳細情報
サイズ:5.5x5.5in
重量:440g
総倍率:2倍/6倍

大型レンズ付きの卓上タイプ

大型のレンズが搭載されており、拡大視野が確保されるタイプです。大型の卓上タイプのために重量もしっかりと重く、ズレにくくなっています。拡大鏡は2倍、6倍の2タイプが選べるので、読書から細かな作業までぴったりです。暗い手元も明るく照らすLEDライトが2個付いているのもポイントです。

3位 HUOFU 手持ちルーペ 拡大鏡 虫眼鏡 スタンドルーペ LEDライト付

詳細情報
サイズ:約63mm
重量:74g
総倍率:3倍

手持ち型と卓上型を選べる可変式タイプ

読書に適した手持ち型と、手作業に適した卓上型に変形できる可変式タイプです。コンパクトなサイズ感なので、手持ち・卓上にしても場所を取らずに使用できます。LEDライト付きなので、暗い場所でも作業を行うことができます。こちらの拡大鏡は倍率が決まっているので、購入時は倍率を確認しましょう。

4位 MIZAR-TEC 手持ちルーペ 倍率3倍 レンズ径65mm

詳細情報
サイズ:高さ156×幅64×厚さ11mm
重量:70g
総倍率:3倍

便利機能無しのシンプルタイプ

LEDライトや可変式などの機能が搭載されてないシンプルなタイプです。シンプルな手持ちタイプの卓上ルーペなので手軽に使用することができます。拡大鏡のみなので重量も軽めに作られており、使いやすく、価格帯も低く抑えられています。

シンプルな卓上ルーペを使用したい方におすすめの商品です。拡大鏡は3倍なので読書に向いている倍率設定です。

5位 SODIAL(R)宝石ルーペ 30 x 21mm

詳細情報
重量:59g
総倍率:10倍

コスパに優れたポケットルーペタイプ

使用する場所を選ばないポケットルーペタイプです。ルーペを使用しないときは拡大鏡を折りたたむことで、コンパクトに収納することができます。倍率10倍の拡大鏡が採用されているため、小さな文字の確認から精密作業まで幅広く対応することが可能。商品にはケースも付属しているので、持ち運びに便利です。

6位 3R スリーアール LED拡大鏡 デスクルーペ

詳細情報
重量:186g
総倍率:3倍

新聞・雑誌・図面などの確認にぴったりな卓上タイプ

新聞・雑誌・図面などの細かい文字を明るく、鮮明に確認できる卓上タイプです。拡大鏡の倍率は3倍ですが、LEDが3つ付いているため鮮明に文字や図面を確認することができます。文字の上に乗せるだけでピントが合い、はっきりとした文字を確認することができます。

7位 Nikon 携帯型拡大鏡 ニューポケットタイプルーペ20D(2倍/3倍/5倍)

詳細情報
サイズ:40×40×30mm
総倍率:10倍

現場作業で重宝する切り替え式のポケットタイプ

倍率の違う拡大鏡を切り替えができるポケットタイプです。倍率切り替えは、2倍・3倍・5倍の3種類と幅広く選ぶことが可能となります。現場作業での対応力は非常に高いので、道具箱に入れておくと文字の確認から精密機器のチェックまで対応できるので重宝します。

おすすめの商品一覧

製品 最安値 評価 リンク

PALMOO 手持ちルーペ LEDライト付

1

1,277円

3.9

スタンドルーペ 2.0X 6.0X

2

1,599円

3.9

HUOFU スタンドルーペ LEDライト付

3

1,299円

3.8

MIZAR-TEC 手持ちルーペ

4

713円

4.4

SODIAL 宝石ルーペ 

5

232円

3.5

3R デスクルーペ

6

1,572円

4.4

Nikon ニューポケットタイプルーペ……

7

4,728円

4.39

卓上ルーペの倍率について

出典:amazon.co.jp

卓上ルーペは拡大鏡を幅広い倍率から選ぶことができます。作業に合わせた適切な拡大鏡の倍率を選ぶことは、作業効率向上に繋がります。逆に作業に不適切な倍率を選んでしまうと、作業どころか道具が使用できない場合があるので注意しましょう。

作業毎の倍率目安としては、拡大する対象物の多さによって倍率を増やすと良いでしょう。読書など活字を読む作業は文字数が多いので、拡大鏡は2倍〜5倍が扱いやすいです。針に糸を通す作業や細かな部品を組み立てたりする作業5倍〜10倍の拡大鏡が適しています。

宝石や商品の鑑定などの見落としができない作業の場合は高倍率の20〜30倍の拡大鏡を使用することで、些細な傷や変化にも気がつくことができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は卓上ルーペのおすすめ商品をご紹介いたしました。卓上ルーペは読書から細かい作業まで、対象物を見えやすくするとても便利な道具ですが、倍率、サイズを間違えると反対に見えづらくなってしまいます。この記事で紹介した選び方を参考に、ご自身の使用目的にあった卓上ルーペを選んでくださいね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
はなび
水辺大好き男子

はなび

自然と触れ合える水辺のアウトドアが大好き。登山や釣りなど、DIYアイテムやおしゃれな雑貨が好き。ライター歴1年。