車用牽引ロープの選び方とおすすめ人気ランキング10選【トラック・ジムニーの緊急事態も対応】

enyライター44

enyライター44

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

自動車トラブルの必需品である牽引ロープ。車が急に動かなくなった時やぬかるみなどにスタックしてしまったときに車を引っ張るために使用されるアイテムで、橋研やメルテック、エマーソンなどの有名メーカーから、長さや強度の異なるロープが販売されています。

今回は、牽引ロープの使い方や選び方、おすすめ人気商品を10選をご紹介します。軽自動車用からジムニー、トラックなどの大型車用までピックアップしましたので、今まで牽引ロープのお世話になったことがない方も緊急事態に備えてぜひチェックしてくださいね。

この記事でおすすめする商品

牽引ロープとは?普通のロープとの違い

出典:amazon.co.jp

車用牽引ロープは、文字通り車を牽引するために両端がフックがついているロープです。トラブルで動かなくなってしまった車に取り付け別の車で引っ張るときに使います。

10tを超える強い力がかかっても大丈夫なよう、耐久性のある素材で作られています。実際に使用したときに牽引されているのが周りからもわかりやすいよう、派手な色のものが多く、中には白い布が付いていて旗のようにひらひらとするタイプもあります。

牽引フックの使い方

出典:amazon.co.jp

牽引ロープを使うときは緊急時なので、うまく使えないこともあります。そういった事態に備えてるためにも、使い方をおさらいしておきましょう。

牽引する際は車のフックの場所に注意しましょう。最近の車はデザイン上隠れている場合があるため、フックの位置を確認しておくことが大切です。

たいていはバンパー内に埋め込まれているので、ドライバー等でカバーを外すと出てきます。パッと見てわからない場合は、事前に取扱説明書を見ておくと安心です。

牽引ロープの選び方

実際に購入するときは何を見て選ぶべきかをまとめました。耐久性やフック、タイプなど様々な項目を確認して商品を選んでくださいね。

車に適した耐久性で選ぶ

牽引ロープは重い車を引っ張るための道具なので、まず確認しておきたいのがロープの耐久性です。車重と破断聴力の2つのポイントから見ていきましょう。

車両総重量に合わせた耐荷重

出典:amazon.co.jp

車重は、車両重量と車両総重量の二種類があります。自家用車の重量税にかかわるのは車両重量ですが、牽引ロープを購入する際注意したいのは車両総重量です。

車両総重量=車両重量+乗車定員数×55㎏

目安として軽自動車は2t、普通自動は2tから3t、大型車は3tから5tぐらいの重量が対応できるものであれば、概ね大丈夫です。山間部をよく走られる方や大型トラック等は、5t以上のものを選ぶと安心です。

ロープの破断張力

出典:amazon.co.jp

ロープ自体が、どれぐらいの重さまで対応できるかを表したものを破断張力といいます。大きい重さに対応できるものを買っておけば大丈夫ですが、その分値段も高くなり、ロープ自体の重さも増えて使いずらくなることがあります。

そのため、使う車の重さが決まっている場合は、オーバースペックにならないようバランスのよい破断張力を選ぶとよいでしょう。

車の重さは車検証に記載がありますが、雪道などでスタック(車輪をとられること)している車を引くときには、瞬間的に通常時以上の力が加わるため、余裕を持った選択が必要です。

外れにくいフックの形状を選ぶ

出典:amazon.co.jp

フックの形状は、外れ防止フックとシャックルタイプがおすすめです。牽引作業は、たるませた状態から徐々に引っ張るため、ただのフックだと外れてしまったり作業しにくい場合があります。

また、もう一つフックで注意したいものは、車両側のフックです。カスタムパーツのアルミでできたフックは、あくまでドレスアップ用で、牽引には耐えられない可能性があるので注意してくださいね。

ロープのタイプで選ぶ

牽引ロープは伸縮するタイプと、サイズが固定されているワイヤーやロープのようなタイプに分かれます。利用シーンによって向き不向きがありますのでどういった場所で使うのかをイメージして選んでください。

故障車を引っ張るときは伸縮タイプ

出典:amazon.co.jp

故障車の移動には伸縮タイプをおすすめします。牽引するときは徐々に引っ張る必要がありコントロールが難しいですが、伸縮タイプのロープなら、引っ張られる瞬間の衝撃を和らげてくれます。若干擦れに弱い一面はありますが、扱いやすいタイプです。

瞬間的な引き上げにはサイズ固定タイプ

出典:amazon.co.jp

ワイヤーやロープでできたサイズ固定タイプのメリットは、瞬間的に引っ張る力が強いことです。雪道やぬかるみでタイヤが滑ってしまった車の救出に適しています。雪が積もる地域の方は、このタイプがあると便利でしょう。

長さを確認

出典:amazon.co.jp

牽引する車と故障車の間のロープは5m以内と定められているので、だいたい3~5m程度の牽引ロープを選びましょう。短くなりすぎると牽引する車が止まるときに故障車がぶつかったり、逆に長くなると曲がるときの操作が難しくなります。

もう一つ注意が必要なのは、牽引する車と故障車の後端までの長さです。2台まで牽引することができますが、牽引する車の前端から故障車の後端までが25m以内と決まっているので注意してください。

また、行動を数十km以上牽引して走るときは、ロープがあることがわかりやすいよう30cm四方の白い布をつけることも忘れないでくださいね。

【軽・普通自動車】牽引ロープのおすすめ人気ランキング5選

軽・普通自動車に適した耐荷重5t未満の商品の中から、おすすめの牽引ロープを5つ選び抜きました。

普段は普通自動車だけど大型車に使う可能性もある、という方であれば、次にご紹介する大型車向け商品から選ぶのもよいでしょう。

1位 メルテック のびのびけん引ロープ 軽自動車~小型乗用車 RP-10

詳細情報
サイズ: 収縮時:1.3m 伸張時:4m
破断張力:2,200㎏
耐荷重:2t
付属品:白旗

いざというときに頼りになる牽引ロープ

軽自動車から1500㏄の小型乗用車に乗っている人にお勧めの商品がこちら。最初から白旗がついているのでこの商品を購入したら間違いなく安心です。

値段も手ごろで伸縮タイプなので、故障車用として初めて購入される方にぜひおすすめしたい商品です。

2位 メルテック のびのびけん引ロープ 小型乗用車~普通乗用車/ミニバン RP-20

詳細情報
サイズ :収縮時:2m 伸張時:4m
破断張力:3,300㎏
耐荷重:2t
付属品:白旗

普通自動車に最適

先ほど紹介した商品よりも破断張力の性能が高い製品がこちら。より丈夫に仕上がっているので、小型自動車からミニバンまで対応可能になっています。

3位 HASHI-KEN 橋研 ソフトカーロープ 一般乗用車用 S-3A

詳細情報
サイズ :収縮時:1.5m 伸張時:3.6m
破断張力:3t
耐荷重:3t

信頼の国産メーカー

ロープ伸び率がワイヤーロープと比べて6~10倍あり、初心者の方でも安心して自動車を牽引することができます。

設計においては物理的特性の研究に基づき、「最も安全な牽引ロープ」として機能を発揮できる工夫がされています。

4位 エマーソン けん引ロープ2t 小型自動車-普通自動車 EM-372

詳細情報
サイズ 伸張時:4m
破断張力:30kN
耐荷重:2t
付属品:白旗

牽引時のショックを緩和

伸縮タイプですので車間距離に応じてベルトが伸縮します。初心者の方でも安心して牽引することができるでしょう。

自動車側のフックの形状も、アイボルト型・ワッカ型・かぎ型で使用が可能。使い方も図で説明されているので安心です。

5位 メルテック けん引ワイヤーロープ RP-100

詳細情報
サイズ :ロープ長:3.6m
破断張力:3.1t
耐荷重:3.1t
付属品:白旗

スタックしたときはこちら

サイズ固定タイプで、スタックや雪道など自力脱出ができない場合の救出に最適。初心者には車の操作が少し難しいかもしれませんが、通常の牽引用としても使えるので、雪国の方はこのタイプを忍ばせておいてみてはいかがでしょうか。

【大型車】牽引ロープのおすすめ人気ランキング5選

ジムニー、トラックなど大型自動車でも対応できる耐荷重5t以上の商品の中から、おすすめの牽引ロープを5つ選び抜きました。

1位 VOOLOVE 牽引ロープ 緊急ロープ

詳細情報
サイズ :ロープ長:5m
破断張力:8t
耐荷重:8t
付属品:手袋:1セット、U字ネジシャックル:1セット、収納バッグ:1点

頑丈なU字シャックルフック

通常のフックより頑丈なU字のシャックルフック式で、外れにくく高い強度が魅力です。高品質ナイロン素材なのでフックを外して吊荷にも使うことができます。

2位 シーエルリンク 牽引ロープ

詳細情報
サイズ :収縮時:2.8m 伸張時:4.6m
破断張力:12t
耐荷重:12t

ジムニーやランクルなどのクロカンのレスキューに

車載するだけで楽しくなるというコンセプトのもと、6色のカラーバリエーションとなっています。お好みの色に合わせることで所持しているだけでも満足度が高まります。

もちろん、ただデザイン性が高いだけでなく耐荷重は12t。伸縮タイプですが、スタックしたときにも十分利用できる強度を持ち合わせています。

3位 牽引ロープ 最大荷重14t

詳細情報
サイズ :収縮時:3.4m 伸張時:4.6m
破断張力:14t
耐荷重:14t

トラックの牽引も可能な最強牽引ロープ

海外製で耐荷重は14t。普通車から4WD・トラックまで対応でき、ぬかるみや雪道のクロスカントリー、オフロード・サーキット等、状況を選びません。4色のカラーバリエーションから選ぶことができ、車好きの方におすすめの商品です。

4位 Takela 汎用牽引ロープセット

詳細情報
サイズ :ロープ長:4m
破断張力:5t
耐荷重:5t

とりあえずの保険としておすすめ

1000円以内で耐荷重5t以上の商品はかなりの破格です。何を購入していいかわからない方で、とりあえず備えておこうという方にはちょうどいい商品です。

5位 KAKETE 汎用牽引ロープセット

詳細情報
サイズ ロープ長:約5m
破断張力:9t
耐荷重:9t
付属品:牽引ロープ(5M):1、手袋:1ペア、U字ネジシャックル:2、収納バッグ:1

緊急時用のセットとして

牽引ロープにシャックル・手袋・収納バッグがセットになっていて、緊急時にもこれ一つである程度対応できる商品です。

耐荷重9tでほとんどの大型車両に対応できます。反射テープもついているので、万が一夜の牽引になってしまっても安心です。

おすすめの商品一覧

製品 最安値 評価 リンク

メルテック のびのびけん引ロープ ……

1

1,007円

4.15

メルテック のびのびけん引ロープ ……

2

1,588円

3.9

HASHI-KEN ソフトカーロープ一般乗……

3

3,769円

5

エマーソン けん引ロープ EM-372

4

1,530円

5

メルテック けん引ワイヤーロープ ……

5

1,249円

4.3

VOOLOVE 牽引ロープ

6

2,300円

4.1

シーエルリンク 牽引ロープ

7

8,618円

4.72

牽引ロープ

8

6,980円

Takela 汎用牽引ロープセット

9

900円

3.5

KAKETE 汎用牽引ロープセット

10

1,799円

4.2

まとめ

車両事故やトラブルはどれだけ用心していても起こってしまう可能性があります。トラブルを起こさない努力も必要ですが、起きてからどう対処するかも重要。もしものために、牽引ロープを用意しておくのがおすすめです。

先ほど牽引ロープ使用時のルールを紹介しましたが、他にも速度制限など細かいルールが存在します。事前にきちんと確認しておきましょう。普段から準備を整えておくことで、遠出するときもより楽しく安心して出かけることができますよ。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
enyライター44

enyライター44