サイクルグローブの選び方とおすすめ人気ランキング6選【季節やデザインで選ぶ!】

enyライター30

enyライター30

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

サイクリングの際には欠かせないアイテムである、サイクルグローブ。メンズやレディース、春夏・秋冬向けなど豊富な種類がありますが、その選び方についてはよくわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サイクルグローブの詳しい選び方を解説します。人気のメーカー・シマノはもちろん、フルフィンガータイプや防水機能付き、女性におすすめのおしゃれなデザインのものご紹介。この記事を参考に、自分にぴったりのサイクルグローブを選びましょう。

この記事でおすすめする商品

サイクルグローブの特徴

出典:amazon.co.jp

サイクルグローブは、サイクリングをより快適で安全に行うことを目的に作られていいます。そのため、衝撃吸収性やグリップ力に優れているのが特徴で、これのおかげで手の負担や筋力が少なく済み、快適なサイクリングを行えます。

また万が一転倒した際、人間は無意識的に手を地面につこうとするため、サイクルグローブは手の保護性にも優れています。その他にも通気性や防寒性など、季節に合わせた機能を持っているので、サイクリングをするのに専用のグローブは欠かせません。

サイクルグローブの選び方

サイクルグローブの選び方は使用者、季節、機能の3つに分けられます。サイクルグローブはメンズ用やレディース用、キッズ用によってそれぞれの性能が異なるため、使用者の立場に合わせて選ばなくてはなりません。

また、快適性を保つために、季節によっても使い分けていくのがおすすめです。それでは選び方のポイントについて、1つずつ確認していきましょう。

使用者にあわせて選ぶ

サイクルグローブにはメンズ用とレディース用、キッズ用の3種類が存在します。男性に比べて女性や子供は力が弱いため、それをカバーするための性能が高いのが特徴です。

トータルバランスに優れたメンズ用

出典:amazon.co.jp

メンズ用のサイクルグローブは衝撃吸収性やグリップ力など、トータルバランスに優れているのが特徴です。スタンダードなタイプなので、特別な性能が必要な場合はそこに注目して選びましょう。

おしゃれでフィット感に優れたレディース用

出典:amazon.co.jp

レディース用のサイクルグローブは柔軟性やフィット感、グリップ力に優れているのが特徴です。女性は握力が弱い傾向にあるため、グローブがそれを補ってくれます。また、日々のサイクリングが楽しくなるようなおしゃれなデザインが多いのも魅力です。

レディース用のサイクルグローブを選ぶ場合は、日焼け対策を重視する方も多いでしょう。夏用のサイクルグローブは、ハーフフィンガーと呼ばれる指切りのものが一般的ですが、日差しの強い日にこれをつけると指に日焼け跡が目立ってしまいますよね。

そのため日焼けを気にする方は、フルフィンガーと呼ばれる指ありのタイプを使うのがおすすめです。薄手で通気性に優れたものなら、指切りでなくても汗蒸れを緩和できます。もし涼しさを優先したい場合は、日焼け止めクリームを塗るなどして対策しましょう。

サイズが小さく保護性に優れたキッズ用

出典:amazon.co.jp

キッズ用のサイクルグローブは手の保護性に優れているのが特徴です。子供は女性以上に握力が弱く、常に転倒するリスクがつきまとっています。そのため子供がサイクリングをするうえで、キッズ用のサイクルグローブは必需品です。

キッズ用のサイクルグローブを選ぶうえで、特に意識すべきなのがサイズです。せっかく保護性に優れていても、サイズが合っていなければ逆に事故のもとになります。グローブを購入する前にかならずサイズをチェックしましょう。

季節に合わせた種類で選ぶ

サイクルグローブにはフルフィンガーと呼ばれる指有りのタイプと、ハーフフィンガーと呼ばれる指無しのタイプの2種類が存在します。これらは通気性や防寒性に関わるため、季節ごとに使い分けていきましょう。

春夏は通気性に優れたハーフフィンガー

出典:amazon.co.jp

ハーフフィンガーは春夏に適したタイプで、通気性や吸収性など汗をケアするための機能が高いのが特徴です。スマホの操作がしやすいといった利点もありますが、手に日焼け跡がついてしまうため、気にする方にはあまりおすすめできません。

ハーフフィンガーを購入する場合は、親指の付け根の部分の素材に目を向けましょう。付け根部分が起毛生地で作られていると、汗を拭いやすくなるため使い勝手がよくなります。

秋冬は防寒性に優れたフルフィンガータイプ

出典:amazon.co.jp

フルフィンガーは秋冬に適したタイプで、主に防寒性を高めているのが特徴です。さらにハーフフィンガーと違い、手全体が保護されているので転倒時のけがを防ぎやすくする特徴もあります。

フルフィンガーを選ぶうえで重要なのが、生地の厚みです。生地に厚みがあると自転車のハンドルが握りにくくなるため、グリップ力を重視した商品を選びましょう。

機能で選ぶ

サイクルグローブの機能を考える重要なのが防水性と衝撃吸収性です。衝撃吸収性はあらゆるサイクルグローブで求められる性能ですが、一言で衝撃吸収性といっても多種多様な形があります。

さらに、フルフィンガータイプの中には、グローブを装着したままスマホ操作が行えるものもあります。サイクリングの快適性に直接影響するわけではありませんが、確認しておくとよいでしょう。

雨や雪の日に使うための防水性

出典:amazon.co.jp

雨の日や雪の日にサイクリングをする場合は、防水性のあるサイクルグローブを使いましょう。グローブ内部に水が浸入すると不快感が増すだけでなく、グローブの重みも増して操作性が下がります。

防水性のあるサイクルグローブを選ぶうえで重要なのが手首の材質です。単に表面に撥水加工が施しているだけでは水の侵入は防げません。完全防水のサイクルグローブは数が限られますが、手首が伸縮性のあるラバー製だと水の侵入がかなり防げるのでおすすめです。

手を守るための衝撃吸収性

出典:amazon.co.jp

多くの場合、サイクルグローブの衝撃吸収性は生地の厚みによって保たれています。しかし中には、手のひらにパッドをつけることによって、それを高めているものがあります。

パッドのメリットは、生地の厚みが増えないためグリップ力が損われにくいことです。ほとんどの場合デメリットはないため、衝撃吸収性を求める方はパッドつきのサイクルグローブを選びましょう。

グローブをつけたままスマホ操作ができるか

出典:amazon.co.jp

フルフィンガーのサイクルグローブの中には、タッチパネル対応の導電性繊維が使われているものがあります。これを使えば、グローブを外さずにスマホを操作することが可能です。

主にハーフフィンガーが使いにくい冬場に重宝する機能なので、サイクルグローブを外す手間が煩わしい方はタッチパネルに対応したものを購入しましょう。

【春夏用】サイクルグローブのおすすめ人気ランキング3選

ここからはおすすめの春夏用サイクルグローブをご紹介します。春夏用はほとんどがハーフフィンガーですが、日焼け防止に特化した、レディース用のフルフィンガータイプもピックアップしました。購入の際は必ずサイズも確認してくださいね。

1位 HIKING サイクリンググローブ

詳細情報
サイズ:4種類
カラー:5色

汗対策は万全!指抜きフックで外しやすい

HIKINGのサイクルグローブの特徴は、汗をかいたときにグローブが外しやすいよう指抜きフックがついていることです。フィット感に優れたグローブは外しにくいというデメリットがありますが、この商品はフックを引っ張るだけで簡単に外せます。

通気性や速乾性にも優れており、そもそも汗をかきにくい点も見逃せません。さらに甲の部分にある起毛生地によって、額の汗を拭えるため汗対策は万全です。夏の暑さよりも汗の不快感が気になる方はこのグローブを選びましょう。

2位 HANDCREW サイクリンググローブ

詳細情報
サイズ:5種類
カラー:13色

男女兼用で豊富なカラーバリエーション

HANDCREWのサイクルグローブの特徴は、豊富なカラーバリエーションです。男性向けのかっこいいものから女性向けのかわいいカラーまであるので、男女問わずに使えます。

また、サイクルグローブに求められる基本的な性能はすべて満たしており、特にゲルを用いた衝撃吸収性には高い評価が寄せられています。デザイン性と実用性が高く、万人におすすめできる商品です。

3位 パールイズミ W28 UVフルフィンガーグローブ レディース

詳細情報
サイズ:6種類
カラー:7色

女性にうれしい夏用フルフィンガー

パールイズミが販売するW28は、夏用としては珍しいフルフィンガーで、なおかつレディース用として販売している商品です。吸水性や速乾性に優れるだけでなく、UPF50+と高いUVカット率を誇るため、日差しが強い日でも安心してサイクリングに行けます。

そもそも夏用のフルフィンガー自体が珍しいため、女性は日焼け止めクリームを塗るなどして対策をとってきました。しかし、このグローブさえあれば今後はその手間はかかりません。日焼けの心配を少しでも減らしてサイクリングに行きたい方はこのグローブを購入しましょう。

【秋冬用】サイクルグローブのおすすめ人気ランキング3選

次にご紹介するのが秋冬用のサイクルグローブです。秋冬用はすべてフルフィンガーなので、スマホ操作に対応したものを中心にピックアップしました。

1位 F-TUBAME サイクルグローブ

詳細情報
サイズ:3種類
カラー:7色

amazonでの売り上げNo.1!サイクリング以外にも

F-TUBAMEがサイクルグローブは、amazonでの売り上げナンバー1に輝くほどの大人気商品です。衝撃吸収性やグリップ力といった基本的な機能はもちろん、防水機能つきでタッチパネル対応とあらゆる面で隙がありません。

その性能の高さからアウトドア全般で使えるため、スキーや登山が趣味の方にもおすすめできます。冬用のサイクルグローブとしては最高峰なので、商品選びに迷った際はこれを購入しましょう。

2位 EasyJoy サイクルグローブ

詳細情報
サイズ:3種類
カラー:4色

3D立体縫製!手に負担がかからない

EasyJoyのサイクルグローブの特徴は、人間工学に基づいた3D立体縫製です。自然な状態の手になじむように設計されているため、フィット感が高いにも関わらず手を締め付けるような感覚がありません。

さらに伸縮性にも優れており、手を広げたり握ったりする動作が自然に行えるのもポイントです。手の動きを妨げる要素を排除した自由度の高いサイクルグローブなので、握力に自信の無い方にもおすすめです。

3位 シマノ ウインドストッパーグローブ

詳細情報
サイズ:4種類
カラー:3色

ウィンドストッパーによる抜群の保温性

シマノが販売するウィンドストッパーグローブの特徴は、抜群の保温性です。フルフィンガーで裏起毛は珍しいものではありませんが、シマノはそこにマイクロファイバーを採用。これにより、防風性や防寒性が極めて高くなっています。

さらに手首部分で熱を閉じ込める機能も持っているため、一度温まったらグローブを外すまでその状態が維持されます。冬のサイクリングの寒さに悩まされる方には特におすすめなサイクルグローブです。

おすすめの商品一覧

製品 最安値 評価 リンク

HIKING サイクリンググローブ

1

1,560円

4.5

HANDCREW サイクリンググローブ

2

1,498円

4.2

パールイズミ W28 UVフルフィンガ……

3

3,210円

3.2

F-TUBAME サイクルグローブ

4

1,380円

3.9

EasyJoy サイクルグローブ

5

899円

4.1

シマノ ウインドストッパーグローブ

6

4,004円

まとめ

サイクルグローブは季節による使い分けが特に重要です。ハーフフィンガーは春夏用、フルフィンガーは秋冬用と覚えておけば間違いありませんが、ハーフフィンガーは日焼けの恐れがるので、気になる方は注意しましょう。

季節や目的に適したサイクルグローブを使い、快適なサイクリングをしてくださいね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
enyライター30

enyライター30