タイヤチェンジャーの選び方とおすすめ人気ランキング4選【車・バイクのタイヤホイール交換の労力を軽減】

enyライター20

enyライター20

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

車やバイクのタイヤ交換を自分でする人は少なくないと思いますが、普通のタイヤ交換とは違いタイヤチェンジャーはタイヤのゴムとホイールを取り外して交換するのに用いる器具です。古くなったタイヤをホイールから外す作業は素人には困難な作業なので、業者に任せるのが一般的なところでしょう。

しかし、車を自分でいじるのが好きな車好きの方であれば、コストの掛かる業者に依頼せずに自分で組み換えしたいと思うはずです。今回はそんなタイヤのホイール交換を自分で済ませたい方にオススメするタイヤチェンジャーを幾つかご紹介していきましょう!

この記事でおすすめする商品

タイヤチェンジャーの説明

出典:amazon.co.jp

普通タイヤ交換をするときは、ガソリンスタンドやカー用品店などの業者に2,000~6,000円の費用を出して依頼するもので、それなりの経験や知識、コツが必要な作業です。一般にスキルのあまりない人がやるには、結構難易度の高い作業になるでしょう。

さらに、タイヤの取り付け交換の後にはホイールバランスをとる必要があり、これをしないと高速走行時などにブレが生じタイヤの痛みが激しくなるほか、燃費の低下にもつながります。こちらも業者に依頼した場合は、工賃1000~1500円ほど掛かります。

また、タイヤチェンジャーを使った作業には他にインパクトレンチやエアーコンプレッサー、ビードワックスや最後のホイールバランスの調整に必要なホイールバランサーなど、揃えておく器具があるので覚えておきましょう。

タイヤ交換の手順

出典:amazon.co.jp

それでは実際にタイヤチェンジャーを使ってタイヤ交換する時の手順を説明していきます。その前に、タイヤ交換時に使われる用語の紹介からしていきましょう。

【ビード】タイヤのホイール部分に触れるところで、ワイヤーが入っていることでしっかりと締まることができます。

【パンプ】ビードが外れないようにホイールの一部が山なりになっている部分の事です。

【ウエル】ホイール内部の窪んだスペースの事を言います。このスペースにビードを落とすことでタイヤの脱着をします。

まず、タイヤのエアーを抜いてからタイヤチェンジャーを使ってビードを落とします。次にタイヤチェンジャーをホイールに差し込みタイヤを外します。これでタイヤの外し作業は終わりです。

次に交換する新しいタイヤを用意し、タイヤにビードワックスを塗って滑りやすくしてからホイールにタイヤをはめます。ホイールにタイヤをはめられたら、エアーコンプレッサーでビードを上げます。最後にタイヤに空気を入れたら交換完了です。

タイヤチェンジャーの選び方

それでは、実際に器具を買う際はどのような要素から選んだらいいかを見ていきましょう。選ぶ項目としては、まず電動式と手動式から選び、タイヤのサイズも重要な要素です。

購入の際は、この2つの要素を加味しながら選んでいくのが好ましいでしょう。

電動か手動で選ぶ

出典:amazon.co.jp

市販のタイヤチェンジャーは電動と手動の2つのタイプが売られています。電動式の物は主に業者向けに販売されていて、価格は数十万円とかなり高額で重量も重く大きいのでスペースを多く取るなど、あまり一般で購入するには選ばれないでしょう。

手動式のタイヤチェンジャーは簡単な仕組みで作られているため、低価格な物では3000円台から購入することが可能ですので、DIYでタイヤ交換をしたい一般の方でも入手しやすくオススメできます。

タイヤのサイズで選ぶ

出典:amazon.co.jp

車やバイクなどのタイヤは、それぞれホイールやタイヤのサイズが違います。バイクから車までサイズの幅は30インチから80インチまであり、販売されているタイヤチェンジャーはほとんどのサイズに対応していますが、商品によっては対応できるインチが限られた機種もあります。

そのため、タイヤチェンジャーを選ぶ時にはこの対応インチのサイズを確認しておく必要があるので注意しておきましょう。

メーカー別のおすすめ人気ランキング4選

ここからは、タイヤチェンジャーのメーカーごとにオススメする商品を選びました。今回は一般の方向けに、購入しやすい手動式のタイヤチェンジャーに限定して選んであります。商品の名称は「ビードブレーカー」として販売されていますが、これはタイヤチェンジャーと同一の物として見てくれてOKです。

1位 【アストロプロダクト】AP マルチ タイヤチェンジャー

詳細情報
メーカー:アストロプロダクト
サイズ:W580×D720×H835mm
重量:28㎏
対応サイズ:4~16.5インチ

タイヤチェンジャーを販売するメーカーとして有名なメーカーの一つに「アストロ」があります。アストロの商品ラインナップは手動から電動まであり、3000円台から20万円台まで多く取り揃えているメーカーです。

自動車整備士向けの手動式タイヤチェンジャー

こちらは自動車整備士などの資格と知識を持った方に向けて作られたタイヤチェンジャーです。土台をアンカーで地面に固定することで、安定感を損なわずにタイヤとホイールを脱着できます。下は4インチから上は16.5インチまでの幅広いサイズのタイヤ交換に対応しているのもメリットです。

重量は28㎏と少し重めで、価格も手動式の中では高めなので、整備のスキルのない人にはあまりオススメできないかもしれません。

2位 【プロツールズ(Protools)】タイヤビードブレーカー レッド 15~21インチ対応 TOOL244 TOOL244

プロツールズは世界の有名工具メーカーから輸入された商品を取りそろえた整備工具ブランドです。輸入工具を低価格で販売していて、4000円~5000円台の手動式タイヤチェンジャーなどを取り扱っているメーカーです。

バイクのタイヤ交換専用のビードブレイカー

こちらはバイクのビード落としに使うビードブレーカーで、タイヤの対応サイズは16インチ~21インチまでの手動式のビードブレイカーとしてコストパフォーマンスが高い商品です。商品のサイズと重量もコンパクトで軽く、収納スペースを取らず使いたい時に出すのも楽なので、バイクのタイヤを専用に交換する方に向いたビードブレイカーです。

3位 【ウェイモール (WEIMALL)】ビートブレーカー付きタイヤチェンジャー

詳細情報
メーカー:ウェイモール (WEIMALL)
サイズ:550×670×340㎜
重量:6.7kg
対応サイズ:15~21インチ

ウェイモールはAmazonで電動工具やアウトドアグッツなど日用品を幅広く取り扱っているショップブランドです。300円台~5000円台の低価格帯の手動式タイヤチェンジャー(ビードブレーカー)を多く販売しているので、コストを抑えて購入したい方にオススメのショップです。

ビード落としとタイヤ交換が可能でコスパも高い

他の手動式のタイヤチェンジャーとは、少し形状の違う円いフォルムが特徴的なのはこちら。タイヤの対応サイズは16インチ~21インチまでで、ビードブレイカープレートの位置をタイヤのサイズに合わせて移動することで、バイクや軽自動車・乗用車全般のビード落としからタイヤ交換までの作業が可能です。

4位 【ツールズアイランド(Toolsisland)】ビードブレーカー 対応サイズ:15 ~ 21″ まで TKS014

詳細情報
メーカー:ツールズアイランド(Toolsisland)
サイズ:ー
重量:18㎏
対応サイズ:16~21インチ

タイヤチェンジャーの他に、車やバイクに必要な整備工具を多く取り揃えた工具専門店です。4000円台から約1万円までのタイヤチェンジャーの他に、ホイールバランサーなどの品揃えで、タイヤ交換に必要な工具を一通り手に入れるのにもってこいです。

車用をメインに使えるタイヤチェンジャー

ツールズアイランドから車のタイヤ交換をメインに選ぶならこちらです。下部に付いているビードブレイカーで大型バイクなどのタイヤの取り外しも可能で、メインのシャフトにタイヤを挿してタイヤの取り付けまでの作業がこれ一つでできてしまう器具です。

補助器具・用品のおすすめ人気ランキング3選

ここからは、タイヤチェンジャーを使ったタイヤ交換時に必要な「ホイルバランサー」を車用とバイク用をそれぞれと「ビードワックス」などの補助器具と補助用品も紹介しておきます。

1位【ホイルバランサー】持ち運び可能 簡易式 ポータブルホイールバランサー

詳細情報
メーカー:DUTY JAPAN
サイズ:直径151㎜
重量:

手軽で低コストのポータブル型

タイヤ交換後にしておくと、よりスムーズな走行に繋がるホイールバランスを調整する器具「ホイールバランサー」ですが、クルマのホイールバランサーは基本的に大型の機械の商品ばかりで一般の人が使うにはコストが掛かりすぎるので向きません。

こちらはポータブルタイプなので、構造もシンプルでコンパクトで軽量、価格も機械製の数十万円もするような製品と比べても5千円以下で手に入るので、ホイールバランサーは欲しいけどコストを抑えて手に入れたい方にオススメの商品でしょう。

2位 【バイク用ホイルバランサー】バイク用 ホイールバランサー・バランス調整スタンド

詳細情報
メーカー:ツールズアイランド(Toolsisland)
サイズ:410(横)x240(奥)mm
重量:6.8kg
対応シャフト径:14mmから35mm

バイクのタイヤ交換時にホイールバランスを調整

バイクのホイールバランスを取りたい方にはこちらをオススメ。クルマのホイールバランサーに比べコンパクトでシンプル構造、低価格で購入できます。自動車整備工具を幅広く揃えている工具専門店ツールアイランドから選んだこちらの商品も、価格の低さで選ぶなら他の物より安く手に入ります。

3位 【ビードワックス】マルニ工業 タイヤビード部用潤滑剤 ビートワックス40g B.PW-109

詳細情報
メーカー:マルニ工業
容量:40g

タイヤの組み込みをスムーズに

替え用タイヤをホイールに取り付ける際には、ビードワックスをビードに塗ることでタイヤの取り付け作業がスムーズに行うことができますので揃えておくといいでしょう。ビードワックスもいろんなショップやメーカーから販売されていますが、手に入れやすい価格で作業に通用する物を選びました。

ビードワックスの商品の中では、売れ筋上位の人気商品としてオススメする価値ありです。

おすすめの商品一覧

製品 最安値 評価 リンク

アストロプロダクト AP マルチ タ……

1

21,384円

5

タイヤビードブレーカー レッド 15……

2

3,900円

4.1

【ウェイモール (WEIMALL)】ビート……

3

4,730円

3

【ツールズアイランド(Toolsisland……

4

8,071円

3.3

DUTY JAPAN ポータブルホイールバ……

5

3,980円

2.96

ツールズアイランド バイク用 ホイ……

6

5,600円

3.45

マルニ工業 ビートワックス40g B.P……

7

509円

4.2

まとめ

いかがでしたでしょうか?おそらく、この記事で説明した内容と商品だけでは、具体的な作業や方法・進め方など掴み切れない部分も少なくはなかったと思います。実際に作業を行う場合は、経験のある方にアドバイスを貰いながら作業を進めていくか、インターネット動画などで手順をしっかり予習しておくと失敗しにくいでしょう。

その上で必要な機材を選ぶ時は、参考にしてみて下さいね。(※技術的な知識がない方、作業に自信がない方は、無理をせず販売店に修理を依頼してください)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
enyライター20

enyライター20