板ラチェットレンチのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいサイズを選ぶ】

K.K
ネコ5匹の飼い主

K.K

趣味はPCパーツ探しと改造。ゲーミングチェアの上で猫と毎日椅子取りゲームを行う。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

板ラチェットレンチはボルトを締めるのに重宝するギア機構付き工具です。両側についているサイズ違いの口径部により2種類のボルトに使えます。トップ工業や京都機械工具からはさまざまなサイズの製品が販売されていて、バイク・自動車の整備からラックの組み立て・解体にも便利です。

板ラチェットレンチは口径の幅だけで探せばいい、と思っていませんか。実際には回転方向切り替えの有無やソケットの長さ、機能面と選ぶ際のポイントは多いものです。板ラチェットレンチの用途から選び方までをご紹介します。

この記事でおすすめする商品

シノ付きラチェットレンチとの違い

出典:amazon.co.jp

ラチェットレンチというと、持ち手側がピック状になっているシノ付きの製品を思い浮かべる方もいるでしょう。シノは番線を結んだあとによじったり、接続部のボルト穴をあわせたりといった用途に便利です。ただし、レンチ自体に長さ・重さがあり、数本を持って歩くのには向きません。

板ラチェットレンチは2枚の薄い金属板でラチェット機構を挟みこんだ形で、器具両端が口径部になっています。シノがない分だけ対応できるボルト径が多く、2または4種類のボルトを締められるのが特徴です。

手の平におさまるサイズなので、口径違いを数本持ち歩くこともできます。番線をよりあわせることがない現場なら板ラチェットレンチの方が便利です。

板ラチェットレンチの用途

出典:amazon.co.jp

板ラチェットレンチは、ボルトを少ない手数で締める・緩めることに特化した工具です。全長が短いので、ボルトにはめて他パーツとぶつけずに回すこともできます。

たとえば車のエンジンルームには複雑な部品がひしめき、指がどうにか入る程度の隙間にボルトがついています。細い隙間に大きなヘッドのレンチは入りませんが、小さな板ラチェットレンチならスッと差し込めます。溝の側面にあるボルトでもつっかえずに回せるでしょう。

また、電子機器の出張修理をする場合、レンチ類は想定されるボルトの種類分だけ持たなくてはいけません。板ラチェットレンチなら工具箱に収納しやすく、1本2役以上なので見た目をすっきりとさせられます。

板ラチェットレンチの選び方

板ラチェットレンチの選び方における基本は、やはり口径です。しかし、ソケット丈や付属機能によって使いやすいかどうかが変わるため、製品の詳細をしっかりとチェックしましょう。

口径幅から選ぶ

出典:amazon.co.jp

板ラチェットレンチの口径幅は小さなものでは7mm、大きいもので24mm程度まであり、組み合わせは1または2mm刻みの近いサイズになっています。商品の説明などでは呼び寸法で8×10や15×17のように表記されています。レンチ本体にもギア部近くにサイズが記載されているはずです。

サイズの組み合わせは幅広いため、自分の用途に合ったボルトを選んでください。小型機械の組み立て・分解であれば口径幅も小さめ、車のエンジンのように大型のものなら大口径から選択することになります。なお、締めるボルトサイズが明確に分かっている場合でも、直近1~2mm程度を揃えておくとよいでしょう。

ソケット丈から選ぶ

ソケット丈の違いにより、適している使用場所には違いがあるものです。ここでは持ち手部分からあまり突出していない薄型、高さのあるロングの2種類に大別して説明します。

わずかな隙間にも入る薄型ソケット

出典:amazon.co.jp

薄型ソケットは口径部が飛び出ていない、全体がほぼ均一な厚みのスタンダードな形状です。隙間に差し込んで使うならこのタイプの製品を選びましょう。数本を重ねて収納ができて、工具ベルトに差して持ち運ぶことも可能です。

穴底のボルトにも届くロングソケット

出典:amazon.co.jp

ロングソケットは口径部が垂直に飛び出しています。穴・溝の底にあるボルトを回すのに便利な形状です。また、ヘッドの厚みがあるボルトでも包みこんで回せるため、ボルトの角をなめてしまうことがありません。

ソケット丈が長いため、薄型ソケットのように隙間へ差し込む用途では使えません。また、数本集めるとかさばるので、収納や持ち運びの点でも不便です。

回転方向の切り替え方式による違い

出典:amazon.co.jp

ラチェット機構は回転を一方向のみに制限し、逆方向に回してもギアの歯がかまずに空回りする仕組みです。逆方向に回すためには回転方向を変える必要があります。

大抵の板ラチェットでは、ラチェットギア近くにプラスチック製の小さなツメが出ています。このツメが回転方向切替レバーです。レバーを上下、または左右に切り替えることで、回転方向が変えられます。ボルトにはめたままでもレバーを切り替えれば回転方向を制御できて簡単です。

レバーがない製品は、レンチを裏返すことで逆回転が可能です。レバー部の故障がないというメリットはありますが、ボルトから一度外さなくてはいけません。使いやすさを求めるならレバー付きがおすすめです。

機能から選ぶ

板ラチェットレンチの多くにはボルトを締めるのに便利な機能がつけられています。あればそれだけで役立つ機能や、状況によってはない方がよいこともあるため、選択は慎重に行いましょう。

より幅広く使える4サイズギア

出典:amazon.co.jp

1つの口径部が表裏で異なるサイズとなっている機能です。板ラチェットレンチは両端に口径部を設けていますから、4つのボルトサイズに対応できます。口径幅は近い大きさが選択されるため、1本で多くの作業に対応できる製品が欲しい方におすすめです。

さまざまな角度に対応できるユニバーサル仕様

出典:amazon.co.jp

ユニバーサル仕様の板ラチェットレンチは、口径部に球状ギアを使用しています。首振りタイプと呼ばれることもあり、斜面に取り付けられたボルトや狭い場所でも使いやすい機能です。

障害物がある隙間にも入れやすいベント角付き

出典:amazon.co.jp

ベント角付きの板ラチェットレンチは、口径部付近の持ち手が角度をつけて曲がっています。隙間の手前にネジ頭がある、コードが通っている場合でも干渉せずに差し込んで回せるのが特徴です。また、広い平面上にあるボルトを回す際は、持ち手が上に向いているため握るためのスペースがとれます。

ただし、角度がつけられていることで狭い隙間の奥に入りづらい点には注意してください。回すボルトの位置によってはベント角がない方が便利です。

板ラチェットレンチのおすすめ人気ランキング10選

ここからは板ラチェットレンチの人気製品を10個ピックアップして紹介します。違いが分かりやすいように単品での紹介となっていますので、ぜひ参考にしてください。

1位 京都機械工具 4サイズ板ラチェットレンチ MR-0813L

詳細情報
全長:
口径幅:8 × 12 / 10 × 13 mm
重量:180g
機能:4サイズギア
ソケットタイプ:ロング

操作感を重視したボルトを傷めにくい製品

KTCの略称で知られる工具メーカー、京都機械工具の製品です。ロングソケットなので、ボルトの頭をしっかり包み込んで回せます。また、口径にはパワーフィットと呼ばれる形状を採用しました。ボルトを線ではなく面でつかむことにより、かかる力を分散させて角を傷めにくくしています。

あざやかな緑色の側面グリップは波形形状を採用しています。2つの隆起に手がフィットして滑りにくく、力が掛けやすいデザインです。本体中央には落下防止ヒモをつけられる穴があいているため、ヒモをつければ高所作業での落下事故を防げます。

口径幅は8~13ミリと小型ボルトに対応したサイズで、ラック組み立てやバイク整備に最適です。回転方向の切り替えレバーは操作感が軽いため、口径を変えたときにサッと切り替えられます。なお、仮締め用なので本締めには使わないようにしましょう。

2位 トップ工業 板ラチェットレンチ 4サイズ PRW-3

詳細情報
全長:146mm
口径幅:8 × 10 / 12 × 13 mm
重量:130g
機能:4サイズギア
ソケットタイプ:薄型

ラチェットの回りがよい軽量な1本

鍛冶の町である新潟県三条市に本社を置くトップ工業が送る、高品質な薄型ラチェットレンチです。本体プレートにはステンレスを使用し、十分な強度を持っています。持ち手側面に強化プラスチックを採用したことでグリップ感も良くなりました。

口径幅は8~13mmと4サイズで、小型ボルトならこの1本で十分な締め付けができるでしょう。ギアの噛みがよく、力をこめればすんなり回ってくれると高い評価を受けています。

全長は146mmと短く重量も軽めなので、持ち運びに不便することはありません。小型ボルトを扱う作業で活躍してくれる板ラチェットレンチです。

3位 スエカゲツール 4in1 板ラチェット RFW-2

詳細情報
全長:174mm
口径幅:10 × 12 / 13 × 14 mm
重量:200g
機能:4サイズギア、ユニバーサル仕様
ソケットタイプ:薄型

本締めにも対応したユニバーサル仕様

自動車用工具やレンチ類を中心に商品展開しているスエカゲツール製の板ラチェットレンチです。口径部はユニバーサル仕様となっていて、15度までの首振りに対応しています。狭い隙間への差し込みだけでなく、角度のついた部品の取り外しにも便利です。

ボルトの締め付けは本締めまでできるため、レンチを持ち替える必要がありません。建築現場や電設作業では、大きめのレンチとこの板ラチェットレンチがあれば大抵の作業がこなせるでしょう。

本体中央の穴にはリング付きです。ヒモやフックを通しやすく取り外しが簡単で、持ち運び・収納にも重宝します。

4位 トップ工業 ラクラッチ PRW-3L

詳細情報
全長:146mm
口径幅:8 × 10 / 12 × 13 mm
重量:95g
機能:4サイズギア
ソケットタイプ:ロング

電気工事でよく使用する口径を揃えた製品

ロングソケットタイプで根強い人気を持っています。本体には強度・耐久性が高いステンレスを採用しているため、力のかかる締め付け作業にもしっかりと耐えてくれるでしょう。8~13mmの小型ボルトに対応した口径幅にあわせて全長が小さく、持ち運びやすい重量です。

本体中央には落下防止ヒモをつけられる穴つきで、収納しにくいロングソケットでも携行しやすくなっています。持ち手には強化プラスチックを使用し、握りやすい形状です。とくに電気工事に携わる方から高い評価を受けています。

5位 水戸工機 両スライドラックレンチ2 TRWWS2

詳細情報
全長:169mm
口径幅:8 × 10 / 12 × 14 / 13 × 17 mm
重量:290g
機能:4サイズギア
ソケットタイプ:ロング

3種類のソケットを差し替えて使える

特注工具の製造も請け負っている水戸工機製のレンチで、両口径部がスライド式になっているのが特徴です。ソケットには3つの溝がついていて、ちょうどよい長さに調整ができます。

また、付属の13・17mmソケットは、12・14mmソケットと差し替えることが可能です。水道管まわりの作業からラック取り付け、機械類整備まで幅広く活躍してくれるでしょう。

6位 トップ工業 4サイズ板ラチェットレンチ PRW7H

詳細情報
全長:240mm
口径幅:19 × 21 / 22 × 24 mm
重量:370g
機能:4サイズギア
ソケットタイプ:薄型

本締めができる薄型ラチェットレンチ

19~24mmと大型のボルトに対応できる板ラチェットレンチです。本締めが可能なので、240mmの長さを活かしてボルトに力をかけて締められます。本体プレートはステンレスを使用しており、強度も十分です。

本体中央付近には落下防止用のヒモを取り付けられる穴があいています。高所作業で使う場合にはヒモを通してベルトに結んでおくとよいでしょう。

7位 高儀 GISUKE 板ラチェットレンチ 13×14×17×19mm

詳細情報
全長:約200mm
口径幅:13 × 14 / 17 × 19 mm
重量:243g
機能:4サイズギア
ソケットタイプ:薄型

薄手の本体により扱いやすい板ラチェットレンチ

薄型ソケットなので細い隙間に差し込みやすい製品です。全長が200mmあるため手の届かない場所にあるボルトも締められます。口径幅は13~19mmまでとなっており、自動車のエンジンルームやバイクの整備などに活躍してくれます。

8位 トップ工業 スライドラッチ PRW-4L

詳細情報
全長:165mm
口径幅:12 × 13 / 14 × 17 mm
重量:245g
機能:4サイズギア
ソケットタイプ:ロング

スライド式ソケットにより高さを変えられる

12~17mmと中程度サイズのボルトに対応できます。ロングソケットを採用しているため穴底にあるボルトにも先端を届かせることができるでしょう。とくに14・17mmの口径部はスライドして丈を調整できます。ソケットの長さがある分、収納しづらいのは難点です。

9位 トップ工業 アルラッチ PRW-3LA

詳細情報
全長:148mm
口径幅:8 × 10 / 12 × 13 mm
重量:95g
機能:4サイズギア
ソケットタイプ:ロング

特殊な口径によりボルトをなめにくい

本体にアルミを使用した板ラチェットレンチです。口径の形状は6角サーフェイスを採用し、ボルトを角ではなく辺で捉えるため角なめしにくくなりました。保証されているトルク以上の力で締め付けるとギア部の故障につながるため注意してください。

10位 デンサン ショートタイプ ラチェットソケットレンチ DR-0810S

詳細情報
全長:136mm
口径幅:8 × 10 mm
重量:75g
機能:
ソケットタイプ:8mm側 ショート / 10mm側 ロング・ショート

口径幅8・10mmのレンチが欲しい方におすすめ

8mmはショート、10mmは表がロング・裏はショートと2通りの使い方ができます。口径幅の選択肢は少ないものの、8・10mmのボルトを主に使う方には便利です。

おすすめの商品一覧

製品 最安値 評価 リンク

京都機械工具 4サイズ板ラチェット……

1

2,789円

4.55

トップ工業 板ラチェットレンチ 4……

2

2,104円

4.47

スエカゲツール 4in1 板ラチェット……

3

1,659円

4.2

トップ工業 ラクラッチ PRW-3L

4

3,382円

4.61

水戸工機 両スライドラックレンチ2……

5

7,225円

トップ工業 4サイズ板ラチェットレ……

6

3,463円

高儀 GISUKE 板ラチェットレンチ 1……

7

570円

4

トップ工業 スライドラッチ PRW-4L

8

4,968円

3.7

トップ工業 アルラッチ PRW-3LA

9

3,609円

4.15

デンサン ショートタイプ ラチェッ……

10

1,867円

ボルトの締めすぎには注意!

出典:amazon.co.jp

板ラチェットレンチの中には仮締めのみできるもの、本締めまでできるものが存在します。仮締めのみできる製品で本締めまで行おうとすると、故障するおそれがあるため注意してください。

板ラチェットレンチに使われているラチェット機構は、ギアの歯を歯止めで受けることにより回転の制御をしています。この歯に強度以上の力をかけるとギアの歯が割れる可能性があります。板ラチェットレンチでは基本的に仮締めまでにして、本締めはトルクレンチなどで行うとよいでしょう。

まとめ

板ラチェットレンチを選ぶときには、口径の幅だけでなくソケットの丈や機能も見てください。ロングソケットは穴の底につけられたボルトにも届きますが、薄型ソケットのように隙間へ差し込んで使うことはできません。使い道によってどちらが便利かは違うので、よく考えて選びましょう。

機能面で見ると、ほとんどの板ラチェットレンチは4サイズギアを採用しています。4サイズギア採用を基本として、ベント角がついているもの、ユニバーサル仕様の製品を用途にあわせて選択することをおすすめします。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
K.K
ネコ5匹の飼い主

K.K

趣味はPCパーツ探しと改造。ゲーミングチェアの上で猫と毎日椅子取りゲームを行う。