ベルトレンチおすすめ人気ランキング7選【特殊形状の部品取り扱いに!】

はなび
水辺大好き男子

はなび

自然と触れ合える水辺のアウトドアが大好き。登山や釣りなど、DIYアイテムやおしゃれな雑貨が好き。ライター歴1年。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ベルトレンチは自動車や設備機器メンテナンス時に使用する工具です。自動車や設備機器以外にも日常生活でも使用できる為に、幅広い用途で使われています。

ベルトレンチは自動車メンテナンス・設備機器や日常生活のワンシーンで使用される為に、幅広い製品ラインナップを持つ工具となっています。豊富なラインナップから対応する素材や作業シーンに合わせてベストな製品を選ぶ為に、今回はベルトレンチのタイプ別の違いと合わせて、おすすめ商品7選をランキング形式で発表します。

この記事でおすすめする商品

ベルトレンチの用途

出典:amazon.co.jp

ベルトレンチは自動車や設備機器などのメンテナンスに使用されるレンチ系の工具です。通常のレンチとは違いパーツを固定する部分はベルト式となっており、幅広い円形のパーツを閉めたり緩めたりする作業に対応する事ができます。

円形パーツは角の無い特殊なパーツである為にベルトレンチの様な専用の工具で無ければ作業を行う事ができません。しかし、自動車ではオイルフィルター、設備機器では水道管の管同士をつなぐ円形のナットなど非常に多く採用されています。円形パーツは特殊であるものの、取り扱いを行う作業シーンが特徴的です。

自動車や設備機器のメンテナンスを行う方はもちろんのこと、日常生活でも灯油を保存するポリタンクなどの円形蓋を緩めたりする作業ができるために備えておくと便利な工具です。

ベルトレンチの選び方

ベルトレンチは円形の特殊なパーツを閉めたり緩めたりする工具ですが、実際の作業で取り扱うパーツ素材によって固定するベルト素材に工夫がされています。これはパーツの素材や役割によっては固定時の破損を防止する機能を持つ製品を選ぶ必要があるためです。また、取り扱うパーツや作業内容により持ち手のグリップ部分の機能も考えて製品を選ぶ必要があるために、選択肢の幅が広くなります。

そこで、ベルトレンチを選ぶにあたって対応する円形パーツの素材や作業シーン別に選び方をご紹介します。対応する素材パーツや実際の作業シーンに沿ってビッタリな製品を選びましょう。

ベルトの素材で選ぶ

ベルトレンチは円形の特殊パーツをベルト部分で固定して作業する工具です。固定する円形パーツの素材によってレンチ側のベルト素材を変更する必要があります。

ベルトの素材選びはベルトレンチを選ぶ上で重要なポイントとなってきます。自動車などに採用されているオイルフィルターなどは固定時に強力な固定して回転させるとフィルターに傷を付けてしまい破損させてる恐れがあります。このように、ベルト素材による固定力だけに焦点を絞らず作業で取り扱うパーツにも目を向けてご自身にあった製品を見つける事が大切です。

取り扱う円形パーツによってオススメのベルト素材が変わってきますので、タイプ別に2つご紹介します。

パーツを傷つけないラバーベルトタイプ

出典:amazon.co.jp

ラバーベルトタイプは固定するベルト部分に柔らかいラバー素材が採用されています。ラバー素材にする事により対象パーツに固定力を向上させると共にパーツの破損を防ぐ事が出来ます。自動車のオイルフィルターの交換やポリタンクの蓋など、強い力で固定して作業すると破損してしまうようなパーツに対応できるのがメリットとなります。

ラバーベルトタイプは固定する力は低いものの、固定により破損の恐れがあるパーツを取り扱う作業におすすめです。さらに、日常生活でも使用するようなポリタンクの蓋などにも対応できるために、工具箱に1本あると便利なタイプです。

強力固定が可能なチェーンタイプ

出典:amazon.co.jp

チェーンタイプはベルト部分がチェーンで出来ており円形パーツを強力に固定する事が可能です。チェーンにより強力に固定出来るものの、パーツ素材によっては破損させてしまう可能性もあります。作業時に破損を気にしなくて良い水道管の菅を繋ぐ円形ナットや通常の角を持つナットにも対応できるのがメリットとなります。

チェーンタイプは固定する力が高いので、硬い素材パーツを取り扱う作業におすすめです。日常生活の中では対応できる素材は少ないものの、設備機器内に採用されているパーツに対しては幅広く対応できるため作業環境によっては必須の工具となります。

滑りにくい、耐久度の高い特殊素材タイプ

出典:amazon.co.jp

特殊素材タイプは固定するベルト部分にナイロン繊維や耐久性に優れた素材が採用されているタイプです。円形の特殊パーツを固定する際に、完全な円形のパーツであればラバータイプベルトでも固定する事が可能です。ですが、パーツによっては若干角がついてるものなどが使用されている場合があり、ラバータイプではベルトを破損する場合があります。

ラバータイプではベルト自体が破損するが、チェーンタイプでは固定するパーツが破損してしまうような場合をフォローできるのがベルトタイプです。特殊素材タイプはラバータイプと比べて重たくなりますが、工具全体に耐久性が高い素材が使用されているので長期で使用する事ができるタイプとなっています。

グリップ部分の素材選ぶ

ベルトレンチはベルト部分で作業パーツを固定してハンドルを握って回転させることにより作業を行う事ができます。ベルトの素材も重要ですが、グリップ部分の素材によって回転時に加えられる素材の力加減が変わってきます。

軽い素材のグリップであれば持ち運びも作業も疲労が溜まりづらく使いやすいですが、プラスチック製であるために強い力を加えると工具の方が破損する場合があります。逆に重たい素材では持ち運びや作業中での疲労は溜まりやすいですが、強い力を込めても工具自体が破損する可能性は低くなります。対応するパーツによって加える必要がある力も変わってきますので、作業環境と対象パーツによってグリップ素材を選びましょう。

軽くて負担が少ないプラスチックタイプ

出典:amazon.co.jp

プラスチックタイプはベルトレンチのグリップにいちばん採用されている主流な素材です。グリップ部分がプラスチックであるために軽量で持ち運びも簡単で作業中も負担を軽減する事ができます。さらに、プラスチックタイプはベルト部分に固定がズレにくい工夫がされている製品が多いのも特徴です。

ベルト部分がラバータイプの製品にはプラスチックタイプのグリップが多く採用されています。作業シーンとしては自動車機器のオイルフィルターの取り外しから、日常生活の中でも使用できる凡用タイプとして向いています。

耐久性に優れるが重量のある金属・アルミタイプ

出典:amazon.co.jp

耐久性のあるアルミタイプはレンチ系工具の中では見慣れた形で使いやすい形状をしています。素材が金属・アルミである為にプラスチック製よりは重量もあり、持ち運びや長時間の作業には向いていません。ですが、プラスチック製グリップより強力な力を加える事が可能となっています。

金属・アルミタイプのグリップはチェーンタイプのベルトに採用されています。通常のレンチと同じグリップ形状をしているのでグリップ形状にこだわりを持たれている方にはおすすめの素材です。

ベルトレンチおすすめ人気ランキング7選

ベルトレンチの選び方をご説明したところで、人気ランキング7選をご紹介していきたいと思います。

対象パーツによりベルト素材も変わる為に製品幅が広いのが特徴です。ぜひ、ランキングを参考に作業内容にあった製品を選んでください。

1位 SUN UP ラバー ベルトレンチ

詳細情報
サイズ:155mm
重量:86.2g
ベルト素材:ゴム
グリップ素材: プラスチック

日常生活から自動車メンテナンスまでカバーできるコスパに優れるモデル

SUNUPラバーベルトレンチは固定部分がラバータイプのベルトレンチでコスパに優れる製品です。ベルト部分がラバー素材の為に、ご家庭内の固くて開かないビンの蓋から自動車のメンテナンスなどに使用する事ができます。グリップ部分はプラスチック製で持ち手部分が握りやすく作られている為に、狭い作業シーンでも対応する事ができます。

日常生活から自動車メンテナンスまで幅広く対応できる優れた商品であるのにも関わらず、価格は低価格帯であるためにコスパが非常に高いのが特徴です。ラバー素材で持ち手がプラスチック製である為に強い力を加える事は難しいですが、工具箱に1本備えておけば幅広い作業に対応できる為に人気の製品となっています。

2位 トラスコ中山 チェーンレンチ

詳細情報
サイズ:300mm
重量:1.02 Kg
ベルト素材:チェーン
グリップ素材:ー

耐久度が高く強力固定が売りのシンプルなチェーンタイプ

トラスコ中山チェーンレンチはベルト部分がチェーンでグリップは硬い素材が採用されている為に、高い固定力と強い力が加えられる製品です。ベルト部分がチェーンタイプである為に強力な力で作業パーツを固定して作業する事が可能です。通常のレンチや他の特殊レンチで作業ができない作業環境でもフォローができる為に人気の製品となっています。

作業環境と固定パーツが限られるものの、グリップ部分は通常のレンチと変わらない為にシンプルな作りが特徴的です。作業環境と作業内容によっては、通常のレンチグリップと同じように作業を行いたいニーズをカバーできる為に人気の製品となっています。

3位 リジッド パイプハンドル

詳細情報
サイズ:177mm
重量:454 g
ベルト素材:ー
グリップ素材:ー

新開発のベルトで滑らずがっつり固定できるタイプ

リジッドパイプハンドルは新開発の特殊ベルト素材で対象物を滑らずがっつり固定する事ができる製品です。チェーン素材とは違い特殊素材である為に対象物を強力に固定しますが、破損の危険性を大きく抑える事ができます。グリップ部分も大型の対象物を固定して作業を行えるように丈夫な形状が採用されています。

ベルト部分で固定できる幅が広くグリップ部分もプラスチックでありながら大型のために、通常のラバーベルトタイプのベルトレンチでは対応ができない大型の配管なども固定して作業する事が可能です。作業シーンは限られますが通常のベルトレンチでは対応できないシーンもフォローできる強みを持つ製品です。

4位 スーパーアルミ製ベルトレンチ

詳細情報
サイズ:ー
重量:381 g
ベルト素材:ナイロン
グリップ素材: アルミ

耐久性と軽さを両立したバランスタイプ

スーパーアルミ製ベルトレンチはナイロン製特殊加工のベルトが搭載されており、グリップ部分はアルミ製の製品です。これにより金属製より軽い取り回しが出来るのが特徴的です。

ベルト部分もナイロン製の特殊加工素材が使用されているので、対象物を固定後に強力な力を加える事ができます。耐久性と軽さを両立したバランスモデルの仕上がりとなっているため、最初の1本にはおすすめの製品となっています。

5位 MCC フランジレンチ

詳細情報
サイズ:425mm
重量:1.98 Kg
ベルト素材:チェーン
グリップ素材:ー

軽い力で強力固定が可能なラチェットタイプ

MCC フランジレンチはレンチ系工具に最近採用されているラチェット機能を搭載しています。ベルトレンチのラチェット機能はベルトの固定を軽い力で強力に固定する事ができます。

ベルト部分がチェーン素材ですが狭いスペースでの作業でも強力な固定と力強い作業を可能とするのが特徴です。ラチェット式を採用しているので力を入れずらい作業環境や女性の方でも手軽に強力な固定力を体感する事できます。

6位 Yosoo 2本 ユニバーサルレンチ

詳細情報
サイズ:500mm
重量:392 g
ベルト素材:ゴム
グリップ素材:プラスチック

握りやすいグリップが特徴的なタイプ

Yosoo 2本 ユニバーサルレンチは握りやすいグリップ部分が特徴的な製品です。ベルト部分には滑りにくいゴム素材が採用されており、日常生活中での作業シーンをフォローします。グリップの他にも、ベルト固定部分についても手軽に固定できる工夫が採用されている為に初めてベルトレンチを使用する方にもおすすめの製品となっています。

7位 ベルトレンチ プーリーホルダー

詳細情報
サイズ:160mm
重量:
ベルト素材:
グリップ素材:

太くて幅広いベルトでがっつり固定できるタイプ

固定ベルト部分に自動車のファンベルトのような太くて幅が広い丈夫な素材を採用している製品です。強力な力で固定でき、幅が広いベルトを採用している為に円筒状パイプやボール形状の対処物もしっかり固定して作業を行う事ができます。価格も低価格帯である為に手軽に購入して幅広く使える点も人気のポイントです。

おすすめの商品一覧

製品 最安値 評価 リンク

SUN UP ラバー ベルトレンチ

1

670円

4.35

トラスコ中山 チェーンレンチ

2

1,862円

リジッド パイプハンドル

3

1,224円

4.3

スーパーアルミ製ベルトレンチ

4

2,487円

4.5

MCC フランジレンチ

5

10,000円

4.88

Yosoo 2本 ユニバーサルレンチ

6

1,529円

2.2

ベルトレンチ プーリーホルダー

7

777円

4.42

まとめ

自動車や設備機器の特殊パーツ作業時に活躍するベルトレンチの選び方とランキングをご紹介しました。ベルトレンチは特殊な円形パーツの作業を効率よく行える非常な便利な工具です。

しかし、日常生活で使用できるポリタンクの蓋から自動車メンテナンスまで使用できるので製品選択の幅が広くなってしまってしまうのが特徴です。ご自身が作業されるパーツや作業シーンに応じて製品を選ぶことにより、種類豊富な製品からベストな機能を持つ1本を選ぶ事ができるでしょう。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
はなび
水辺大好き男子

はなび

自然と触れ合える水辺のアウトドアが大好き。登山や釣りなど、DIYアイテムやおしゃれな雑貨が好き。ライター歴1年。