クリップリムーバーのおすすめ人気ランキング8選【自動車整備に】

eny編集部

eny編集部

あなたの「欲しい」を一緒に探し、最適なものをご提案して背中を押すことができたら…。そんな気持ちで心を込めて記事を公開しています。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

自動車整備等によく使われるクリップリムーバーですが、サイズも様々、何を基準に選べばいいかを疑問に思っている方も多いかと思います。

ANEXやパワーシード、VESSELなど様々なメーカーがある中、どんなポイントを基準に選んだらいいかお悩みではないでしょうか?

初めて購入する方から、2本目に購入を検討している方へのクリップリムーバーの選び方をご紹介したいと思います。

この記事でおすすめする商品

クリップリムーバーの用途

出典:amazon.co.jp

クリップリムーバーとはよく車の内装や内装に使われているクリップ等の取り外しに使用するものです。

また、車の内装に使われているクリップは専用のクリップリムーバーでなければ取り外すことはできません。

車の内装だけではなく、エアコンや照明器具のパネル等の空調関係や電気設備の取り外しにも使うことができます。

クリップリムーバーの選び方

クリップリムーバーは柄の長さや形状、先端の角度が違う商品があります。

用途に合わせて、どのクリップリムーバーにするか選びましょう。

本体の長さで選ぶ

クリップリムーバーは本体の長さの違いで、使い勝手が違います。

短いタイプは狭いところで使えて便利

出典:amazon.co.jp

短いタイプだと、タイヤハウスなどの狭いところにあるクリップ外しに使うことができます。

また、短いタイプだと収納場所にも困らず、手軽に持ち運びができます。

通常は柄の長いタイプが多いクリップリムーバーですが、短いタイプも一つ持っていると様々の場面で利用することができます。

長いタイプは奥まったところで使える

出典:amazon.co.jp

スライドドア等の内張りを外すときはロングタイプが使いやすく重宝します。

スライドドアの場合は内張を引っ張ることができないため、ロングタイプのクリップリムーバーを使ってクリップを外すのが一番簡単な方法です。

柄の形状で選ぶ

クリップリムーバーには柄の形状やサイズも様々なため、何を選んだらいいか悩んでる方もいらっしゃると思います。ここでは、どのように形状やサイズを選択したらいいかをご紹介いたします。

様々な形状がセットになった商品もある

出典:amazon.co.jp

クリップリムーバーはセットで買うとお得です。3種類から5種類がひとまとめにセットになっているタイプが多く、一つ揃えるだけでこじる・はがす・引っ張るなどの様々な作業に対応することが可能です。

また、内張のはめ込みや、サイドモール・インストルメントパネル・クラスターの取り外しも容易にできるのも特徴のひとつです。

先端の特徴で選ぶ

また、クリップリムーバーには先端の角度や、薄さなどの違いがあります。先端の違いも購入を選ぶ理由の一つです。どんなタイプがより使いやすいかを見ていきましょう。

サイズを変えられるものもある

出典:amazon.co.jp

クリップリムーバーの中には2種類のサイズに対応できるものがあります。小さいタイプや大きいタイプに対応することができるので、様々な場面で使うことができます。

一つ持っているだけで、二つのタイプに対応できる優れものですので、持っていて2倍得するサイズの調整ができるタイプです。

先端が薄いと使いやすい

出典:amazon.co.jp

先端が薄いタイプのクリップリムーバーは薄型のクリップに使えるため、使いやすいタイプです。

また、先端が厚いタイプに比べて先端が薄いタイプのほうが、クリップに引っ掛けやすいので選ぶときにはなるべく薄いタイプを選ぶ方が良いでしょう。

先端の角度が直角のものは車内で便利

出典:amazon.co.jp

先端が直角の場合は、狭い作業スペースのなかで、使いやすいタイプです。特に車などの奥まった部分の手が届きづらいところで使える、扱いやすいタイプです。

車の整備で使用したい方はこちらのタイプがお勧めです。

機能で選ぶ

クリップリムーバーにはついていると良い機能があります。こちらの機能がついているかを見て、購入を検討するのが良いでしょう。

支点にチューブが付いていると周りを傷つけにくい

出典:amazon.co.jp

自動車の内装によく使われるクリップリムーバーですが、先端が金属だと車体に傷をつけてしまう可能性があります。

大事な車体に傷をつけないためにも、先端の支点の部分にゴムチューブがついているものを選びましょう。

ゴムチューブがクッションの役割を果たし、車体を傷つけずに作業をすることがかのうとなります。

グリップがやわらかいと手が疲れない

出典:amazon.co.jp

グリップ部分が柔らかいと、疲れることなく作業することが可能です。

頻繁にお使いになる方は、グリップの形状や素材にこだわると長時間の作業でも、快適に作業することができます。

特に持ち手がフィットする形状のものがおすすめです。

ランキングクリップリムーバーのおすすめ人気ランキング8選

様々な視点からクリップリムーバーの選び方について説明してきましたが、ここからは実際に使えるおすすめの商品をランキング形式でご紹介したいと思います。

1位 パワーシード 内張り剥がし 樹脂製

詳細情報
全長:21.5㎝/17.4㎝/19.3㎝/14㎝/14㎝
柄長さ:ー
口開き:ー

必要な形状を網羅する優れもの

5点セットとほかのものに比べて少なめのセットですが、しっかりと耐疲労性、摩耗性、高温下でも耐えられる耐クリープ性と優れた要素は全て含んでいます。さらに、電気絶縁性が高いという機能ももち、電子機器関連のパーツ、カバー類などでの使用にも適した素材。

自動車以外でもエアコン、照明器具のパネル、ルームランプカバー等、他場面で活躍できるツールで、扱いやすく軽量タイプなので、女性も使いやすいタイプの商品です。

作業時に握りやすい肉厚設計のハンディリムーバーで、キズをつけにくい樹脂製です。自分で車の整備やDIYをする方におすすめの一セットあれば、いろんな場面で活用できる万能タイプです。

2位 PORAXY 自動車 内張りはがし19点セット

詳細情報
全長:300㎜
柄長さ:ー
口開き:ー

幅広い用途の19本セット

改造車やドレスアップ・チューンパーツの取付けや、日常整備などにぴったりのツールなので、車を日常的に整備される方や、こだわりをもってる愛車にも安心して使用できます。

女性でも使いやすい、軽く扱いやすい製品です。車体を傷つけにくいPOM素材を使用していて、安心して作業が行えます。

自動車など改装に必要不可欠のリムーバーセットで19種の様々な形状がセットになっており、あらゆる箇所に使用可能で、ひとつ常備しているとどんな時も対応できるので安心の一品です。

3位 Yoohe 内張り剥がし

詳細情報
全長:20.5㎝
柄長さ:10.5㎝
口開き:1㎝

特殊なデザインで使い勝手が良い

自動車の内装、外装の取り外しに特化していて、センターコンソール・オーディオ/カーナビ/F/Rバンパーなどの脱着専用の工具です。

内張り剥がしの素材はポリアセタール(POM)を使用しているため、耐久性、優れた摩耗性があり、高温下に耐えられる耐クリープ性を持っているタイプです。また、それに加えて電気絶縁性もあるため、電子機器関連のパーツ、カバー類など使用にも適しています。

幅広く、車内の内装、外装に使用する方に適した商品となっています。コストパフォーマンスもいいのが特徴です。

4位 Tomo Light ハンディリムーバー

詳細情報
全長:ー
柄長さ:ー
口開き:ー

耐摩耗性 耐久性高い素材

耐摩耗性、耐久性高い素材で、暑い車内でも利用できるように高温下に耐える耐クリープ性があるのが特徴のこちらの商品。電気絶縁性もあり、電気機器関連のパーツ、カバー類など交換、設置作業にも安心して対応することができます。

外したいパネルの場所や形状、材質に応じて使うツールを選択することが可能なので、どんな場面でも対応することができます。内装だけではなく外装のバンパー外し、バッテリーやワイパー等あらゆる場面で使用可能なので、一セットあるだけ、車の整備の幅が広がる商品となっています。

5位 W.J.S 内張りはがし 内装剥がし クリップツール セット 6点セット

詳細情報
全長:22.5㎝
柄長さ:8.5㎝
口開き:0.8㎝/0.65㎝

高硬度と傷つけにくい樹脂製素材

樹脂製のため、柔らかくしなり傷つけにくい素材を採用したクリップリムーバー。内張り・内装パネル・オーディオパネル・モール・空調周り・ルームランプレンズ・ドアスイッチなど色々と外すのに使える優れものです。

プラスチック樹脂製なので、内張り剥がしはキズをつけにくいのが特徴ですが、しなることで瞬間的に力の入れ過ぎを防ぐことができるため、パネルの破損やピン割れから守ります。

6位 CAMORF うちばりはがし4点+ クリップクランプツール 5点セット

詳細情報
全長:ー
柄長さ:ー
口開き:7.5㎜/5㎜

先端のサイズで使い分け可能

5点セットのこちらの商品は先端の口開き寸法が全て違うパターンなので、どんなクリップも取り外すことができます。

先端が薄くなっているので狭い隙間にも入れやすい構造で、プラスチック製のクリップを傷つけることなく抜き取ることができます。

グリップの形状は太めの角型で握りやすい形状で、軽く力を入れただけで使用できるのも好印象なクリップリムーバーです。

7位 内張りはがし Gliston 9点セット

詳細情報
全長:200㎜
柄長さ:ー
口開き:1㎝

日常整備に最適

内装だけではなく外装のバンパー外し、バッテリーやワイパー、ライト類の交換など自分でできちゃうお手軽セット。

形状・材質に応じて違ってツールを選んで使用することが可能。人間工学を考慮して作った軽量でデザインで、使いやすい持ち手で作業が楽にできることがポイントです。

8位 MATCC 内張り剥がし パネルはがし 5点セット

詳細情報
全長:ー
柄長さ:ー
口開き:ー

力の入れやすいハレスデザイン

独自のソフトラバーリングがついたデザインで、エネルギーの節約と車体に傷をつけるのを防止します。

握りやすいほどよい厚みと優しい手触りで握りやすく、硬さや耐熱性に優れ、クランプの先端に角度があり、使いやすさも高い評価があります。

おすすめの商品一覧

製品 最安値 評価 リンク

パワーシード 内張り剥がし 樹脂製

1

999円

4.3

PORAXY 自動車 内張りはがし19点セ……

2

2,099円

4.2

Yoohe 内張り剥がし

3

999円

4.5

Tomo Light ハンディリムーバー

4

2,030円

4.1

W.J.S 内張りはがし 内装剥がし ク……

5

890円

4.3

CAMORF うちばりはがし4点+ クリッ……

6

1,399円

4.2

内張りはがし Gliston 9点セット

7

899円

4.4

MATCC 内張り剥がし パネルはがし ……

8

899円

4.3

まとめ

様々なタイプのある、クリップリムーバーですが車の内装や外装や用途に合わせて素材や形状を選ぶ必要があります。

大切な愛車を傷つけない素材で、扱いやすいタイプを選ぶことが重要ですね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1
eny編集部

eny編集部

あなたの「欲しい」を一緒に探し、最適なものをご提案して背中を押すことができたら…。そんな気持ちで心を込めて記事を公開しています。