バフの選び方とおすすめ人気ランキング7選【洗車やボディの艶出しに便利】

eny編集部

eny編集部

あなたの「欲しい」を一緒に探し、最適なものをご提案して背中を押すことができたら…。そんな気持ちで心を込めて記事を公開しています。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

車に傷がついてしまった、新車の頃の輝きを取り戻したい、中古車をきれいに蘇らせたいと思っている方はいませんか?洗車をしても落ちない汚れや傷は、無理にこすり落とそうとするとさらに車体を傷つけてしまう恐れがあります。また、車体がきれいになれば普段のドライブもさらに気持ちの良いものです。

車体をきれいにするにはお店にお任せすることもできますが、小さい傷や汚れであれば自分で落とすことができ、値段も抑えることができます。自分で車体を手入れするにはバフを用いるのが一般的ですが、目的に応じた種類を選ぶことが大切です。

今回はamazonや楽天等のECサイトで購入可能な商品の中から、おすすめのバフをランキング形式でご紹介したいと思います。

この記事でおすすめする商品

バフの用途

出典:amazon.co.jp

バフは主に車の塗装面の傷を修復する、艶出しをするといった目的で使われています。

バフがけとは、もともと金属加工の際にでるバリをとったり、表面を滑らかにし加工しやすくする目的で生まれた技術です。その後、精度が上がり鏡面加工や艶出し仕上げの際に用いられるようになりました。今では、カーディテーリングのプロや一般家庭での洗車やワックス掛けに用いられています。

バフの種類

バフには使用される素材によって大きく4つの種類に分けることができます。素材によってそれぞれ用途や仕上がりに違いが出るため、目的に応じたバフを選びましょう。

研磨力の強いウールバフ

出典:amazon.co.jp

ウールバフは羊の毛、及び羊毛を織った布が素材のバフです。研磨力が比較的高いことが特徴で、大きな傷がついてしまった際や塗装できたシミなどを除去する際に用いられます

塗装のシミはイオンデポジットやウォータースポットとも呼ばれ、主に車体についた水滴が原因で起こります。イオンデポジットは、お風呂場の鏡に付く湯垢のようなもので、水分が蒸発する際に残留したミネラル分が車体にこびりついたものです。ウォータースポットは車体についた水滴を通して太陽光が収束することで塗装を焼き付けることが主な原因です。

金属の仕上げには布バフ

出典:amazon.co.jp

布バフはタオルや不織布が素材のバフです。バフ素材の種類の中でも比較的柔らかいことが特徴で、金属製品のサビの除去や仕上げの鏡面加工(鏡のように反射する状態に加工すること)の際に用いられます。鏡面加工の技術は、以前appleのipodシリーズでも使用されていた技術です。当時は特許を持っていた日本企業が研磨を担っていたことでも有名になりました。

浅い傷や水垢には柔らかいウレタンバフ(スポンジバフ)

出典:amazon.co.jp

ウレタンバフはカルバメート、カルバマートとも呼ばれるウレタンを素材にしたバフです。スポンジバフは海綿素材を利用したもので、両者に大きな違いはありません。ウール素材のものに比べると柔らかく研磨力が低いことが特徴で、水垢や浅い傷などを落とす際に用いられます

ウレタンは硬さを調整しやすい素材のため、目の粗さや硬さによって多くの種類が市場に出回っています。ウレタンバフの細かい選び方については後述しますのでそちらをご覧ください。

金属の粗磨き・つや出しには麻バフ

出典:amazon.co.jp

麻バフは麻と綿布を重ね合わせた素材のバフです。麻をサイザルと呼ぶことからサイザルバフとも呼ばれています。麻素材は比較的硬いことが特徴で、鉄やステンレス、真鍮などの金属素材に適しており粗研磨の際に用いられます

バフの選び方

バフは先述の通り使用されている素材によって期待できる効果が異なります。目的や傷の大きさや深さなどに応じて適したものを選ぶようにしましょう。

また、バフを選ぶ際には他に大きさと厚さに注目することも重要です。下記に大きさと厚さで選ぶ際のポイントを記します。

使用される頻度の高いウールバフ、ウレタンバフについてもさらに細かく分類し選び方を見ていきます。

大きさと厚さで選ぶ

出典:amazon.co.jp

バフを選ぶ際には、大きさと厚さをチェックして選ぶようにしましょう。バフの大きさについては取り付けるポリッシャーのサイズによって選ぶのが良いでしょう。ポリッシャーにはパットという部品がついています。ハットはバフやブラシなどのアタッチメントを取り付ける部分の名称で、このパットのサイズに合わせたバフを選ぶようにしましょう。

バフの大きさを選ぶ目安としては、ポリッシャーのパット部分の直径+3cmまでと覚えておきましょう。これ以上大きいサイズになると、使用中にバフが外れてしまう可能性があります。結果車体を傷つけてしまう、怪我に繋がるなどの危険性がありますので気をつけてください。

バフの厚さは、自身がポリッシャーを使い慣れているかどうかで判断して選びましょう。基本的には、厚みの大きいものの方が初心者向けとされています。強く当てすぎる、斜めに使用するなどしてパットが車体に傷をつけてしまうことを防ぐためです。慣れてきたら使いやすいものを選ぶようにしましょう

ウールバフの選び方

ウールバフは比較的研磨力の高い種類のバフです。主にハードタイプとソフトタイプの2種類に分けることができます。

粗磨きにはハードタイプ

出典:amazon.co.jp

ウール素材のハードタイプのバフは、切削能力が非常に高く、非常に大きな傷や、状態のひどい塗装に適した素材です。初心者では削りすぎてしまうことがあるため、慎重に使いましょう。

ハードより少し細かいソフトタイプ

出典:amazon.co.jp

ソフトタイプのウールバフは、研磨力が高いウールバフの中でも初心者が比較的使いやすいタイプのバフです。イオンデポジットやウォータースポットを修復する際にはソフトタイプのウールバフを使用するようにしましょう。ソフトタイプとは言っても、研磨力の高いウール素材のため慎重に作業に当たりましょう。

ウレタンバフの選び方

ウレタンバフは研磨力が比較的低い種類のバフです。用途に応じて、中目タイプ、細目タイプ、極細目タイプ、超微粒子目、濃色車用超微粒子目に分けられます。

ウレタンの中で最も粗い中目タイプ

出典:amazon.co.jp

中目タイプはウレタンバフの中で最も目が粗く、ウールバフに比べ扱いやすいのが特徴です。水垢や小さな傷であれば、中目タイプのウールバフで充分対応可能です。初心者の方が初期研磨として用いるのであればこちらの素材が適しているでしょう。

ウールバフで磨いた後の中間研磨には細目タイプ

出典:amazon.co.jp

細目タイプのウレタンバフは、初期研磨や仕上げ研磨には物足りないタイプです。しかし、ウールタイプで初期研磨をおこなった場合には、中間研磨として適しています。軽い水垢程度であれば初期研磨としても用いることができます。

中間研磨から仕上げまでオールマイティは極細目

出典:amazon.co.jp

極細目タイプのウレタンバフは、中間研磨から仕上げまで行えるオールマイティなバフです。大掛かりな修復などは期待していないけれど、洗車能力を少しあげたい、という方には幅広く使用できる使い勝手のいいバフです。

仕上げ研磨には超微粒子目

出典:amazon.co.jp

超微粒子目タイプのウレタンバフは、仕上げ研磨用のバフです。仕上げ研磨だけでなく、ワックスやコーティング剤の塗布にも適しています。鏡面仕上げや艶出し目的に洗車後に使用するにも適しているタイプのウレタンバフです。

デリケートな黒系カラー車の仕上げには濃色車用超微粒子目

出典:amazon.co.jp

濃色車用超微粒子目タイプのバフは、その名の通り黒や紺などの、濃い色の車体を仕上げるためのバフです。黒系の色は非常にデリケートで、磨き方によって質感が大きく変わります。また、小さい傷であっても非常に目立ちやすいです。そのため、黒系の車専用のバフも販売されています。

バフのおすすめ人気ランキング7選

バフの種類や選び方を見ていただいたところで、ここからは具体的な商品を挙げたランキングを紹介します。どういった作業に使うのかを想定し、ご自身の目的に合った商品を選ぶ参考にしてくださいね。

1位 NESHEXST ポリッシャー バフ マイクロファイバータオル マスキングテープ付き

詳細情報
大きさ:ウールバフ2個 125mm 、スポンジバフ1個 125mm
厚さ:ウールバフ2個 厚み15mm 、スポンジバフ1個 厚み30mm
素材:ー

バフ・タオル・マスキングテープのセットでお買い得!

こちらはウールバフ、スポンジバフ、マイクロファイバータオル、マスキングテープがセットになったamazonで売上げランキング上位の商品です。

車だけでなく、様々な場所にポリッシャー磨きが可能です。洗車や車の傷消し、ヘッドライトの曇り、水垢落としはもちろん、お風呂のステンレスの水垢取りや鏡面のカルキ取りも可能です。使い勝手がよく、汚れや対象物によって素材も選べるため、初めて購入される方におすすめの商品です。

2位 jiguoor ポリッシャー バフ ポリッシャースポンジキット(5点セット)

詳細情報
大きさ:直径125mm
厚さ:約30mm
素材:-

洗車からワックスかけまで対応!

こちらもは、電気ドリル用の取り付けアタッチメントとマジックテープ、細目・粗目羊毛バフ、波型と平面スポンジがそれぞれ一つづつセットになった5点セットです。マジックテープ式なのでバフの取り外しも簡単に行えます。こちらの商品も初めて購入を検討されている方におすすめです。

3位 velocity スポンジバフ/ウレタンバフ 185mm径 マジック式3点セット

詳細情報
大きさ:185mm
厚さ:35mm
素材 :ウレタン/スポンジ

コスパ最強の中荒目・中細目・極細目タイプのウレタンバフ3点セット

初心者には嬉しいウレタンバフの番目が違うタイプが揃った三点セットです。このセットを揃えるだけで、初期研磨から仕上げまで完結できます。3つのバフにはそれぞれ適したコンバウンドの番目が定められているのも初心者にはわかりやすい。荒めは1000〜2000番を、中細目は2000〜3000番を、極細目では超微粒子コンパウンドやワックスなどの最終仕上げに適したものになっています。

3点セットはどれも厚みが35mmと厚手のものなので、初心者でも安心して使用することができます。また、目の粗さによってバフの色が違うため、間違えて番手の違うバフを使ってしまうミスを防ぐこともできます。

4位 Tumao ウールバフ 細目研磨パッド3個セット

詳細情報
大きさ:125mm
厚さ: 15mm
種類 :ウール

高いコスパの細目タイプのウールバフセット

細目タイプのウールバフセットです。この値段で3枚付きは非常にコスパが高く人気となっています。ウールバフですが、細目のタイプになっているため、水垢や小さな傷の修復を行う際に適したバフです。

マジックテープでポリッシャーに取り付けることのできる簡易さも初心者の方には嬉しい機能となっています。

5位 3M ウルトラフィーナ ソフトスポンジバフ5766

詳細情報
大きさ:190mm
厚さ:50mm
素材 :スポンジ

車業界大手の3Mが手がける仕上げ用スポンジバフ

車業界大手の3M(スリーエム)が販売を行っている仕上げようのスポンジバフです。ソフトスポンジバフという名前の通り非常に柔らかく、厚みも50mmとかなり厚手に作られていることで、柔らかい仕上げに最適です。

また、厚みがあることで初心者でも安心して使用することができます。大手メーカーならではの品質をこの値段で手に入れることができるのは、初心者のみならず上級者やプロもありがたいコスパの高さです。HGやグロスアップといった仕上げようのコンパウンドが推奨されています。

6位 マキタ ウールパッド 125mm A−60785

詳細情報
大きさ:125mm
厚さ:不明
素材:ウール

総合電動工具メーカーマキタのポリッシャー用ウールバフ

車のメッカ愛知県で総合電動工具メーカーを営むマキタの販売しているウールバフです。艶出し用と書いてありますが、ウール素材のため、あくまでも中研磨用ほどで使用するのがいいでしょう。

7位 日本製φ150mmプロ用ウレタンバフ3枚セット

詳細情報
大きさ:外形φ150mm、マジック貼り付け面φ135mm
厚さ:30mm
素材 :ウレタン

ミニポリッシャーに最適なウレタンバフ3枚セット

日本製のウレタンバフ3枚セット。一番の特徴は、ミニポリッシャーや、マルチミニサンダー、コードレスポリッシャーなどコンパクトツールに対応して作られていることです。家庭でDIYをやっている方などの中には、プロと同じサイズのものだと収納や値段の関係でなかなか手にできず、コンパクトツールで済ませている方も多いでしょう。

DIYや家庭用に向けてコンパクトサイズに作られていますが、厚みはしっかりと30mmあり、初心者でも安心して使えるようにできています。また超微粒子タイプ、極細目タイプ、中目タイプがセットになっており同時に揃うため非常にコスパが高い商品です。

おすすめの商品一覧

製品 最安値 評価 リンク

NESHEXST ポリッシャー バフ マイ……

1

1,618円

4.3

jiguoor ポリッシャー バフ ポリ……

2

1,399円

3.9

velocity スポンジバフ/ウレタンバ……

3

2,398円

Tumao ウールバフ 細目研磨パッド3……

4

1,190円

3.9

3M ウルトラフィーナ ソフトスポン……

5

1,137円

マキタ ウールパッド 125mm……

6

1,558円

日本製φ150mmプロ用ウレタンバフ3……

7

3,300円

4.45

バフと組み合わせるコンパウンドの種類

バフを使用する際には、コンパウンドというものを合わせて使用します。コンパウンドとは、研磨剤のことです。研磨剤のため、バフと同じように商品によって目の粗さが違いますので注意して選びましょう。仕上げの段階で超極細目のウレタンバフを使用しているのに、目の粗いコンパウンドを使ってしまっては台無しです。

研磨力の強い中目

出典:amazon.co.jp

中目タイプのコンパウンドは、初期研磨など比較的高い研磨力を求められるシーンに適した研磨剤です。大きい傷や線傷などができた際には、このコンパウンドを使うと良いでしょう。

粗い傷や水垢には細目

出典:amazon.co.jp

細目タイプのコンパウンドは、水垢や粗い傷を落とす際に用いられる研磨剤です。細目タイプのバフを使用していて、なかなか水垢が落ちない、と言った際に用いることで垢が落ちやすくなります。

磨き傷(バフ目)の除去や適度な仕上げには極細目

出典:amazon.co.jp

極細目のコンパウンドは、バフ目の除去や簡単な仕上げの際に適した研磨剤です。バフを使用すると、細目や極細目であっても、近づいてみるとバフによる薄い傷が目立つケースがあります。そういったバフ目を消す際などに用いるといいでしょう。

艶出しには超微粒子目

出典:amazon.co.jp

超微粒子目タイプのコンパウンドは、最終仕上げの艶出しの際に適した研磨剤です。非常に細かい粒子で、艶出しや鏡面仕上げといった仕上げに一役買います。

まとめ

車手入れ用のバフ商品を紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたでしょうか。初心者の方は研磨力の高いバフを避けることで失敗を防ぎます。汚れが酷くなる前にこまめにバフを用いた手入れをおすすめします。

ポリッシャーをまだお持ちではない方は、ポリッシャーの記事も併せてチェックしてみてくださいね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1
eny編集部

eny編集部

あなたの「欲しい」を一緒に探し、最適なものをご提案して背中を押すことができたら…。そんな気持ちで心を込めて記事を公開しています。